JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 435
経験:  文化庁名簿提出著作権相談員。中央大学法学部卒。
62133260
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

ネットで公開の写真などの画像を、挿絵のように私費出版の非売品の本に、使用してもよいでしょうか。

解決済みの質問:

ネットで公開の写真などの画像を、挿絵のように私費出版の非売品の本に、使用してもよいでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

著作権の放棄については、著作権法上規定はありません。しかし、著作権は財産権である以上、放棄することが可能です。ウィキペディアに自分で撮影した画像をアップロードする場合などのように、著作権を放棄することも可能です。著作権放棄した画像だけを集めた サイトもあります。著作権者が著作権を放棄すれば、だれでも自由に利用することができます。著作権保護期間中であっても、著作権者がみずからの自由意思により著作権を放棄した以上、それを保護する必要はありません。当該著作物を複製して販売することも、翻案して二次的著作物を作ることも自由です。

 

しかし、単に著作者がネット上で公開しているに過ぎないものは著作者に著作権があり、許可勝手に流用すれば著作権侵害になります。

shonansolicitorをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問