JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 469
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

学校法人名(商標登録済み)をタイトルに含むウェブサイトを運営していたところ、当該学校法人様より「許可無くホームページ

質問者の質問

学校法人名(商標登録済み)をタイトルに含むウェブサイトを運営していたところ、当該学校法人様より「許可無くホームページタイトルに固有名称を使用しないで欲しい」という旨の通知が届きました。

ホームページのタイトルで商標権侵害にあたることはあるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 5 年 前.

知的財産権を専門に扱っている弁理士です。

 

商標権の侵害とは、「指定商品もしくは指定役務又はこれらに類似する商品もしくは役務について登録商標又はこれに類似する商標を使用し、または一定の予備的行為をする場合」をいいます(商標法(以下「商」とします)2条3項各号、25条、37条等)。

 

まず、質問者様(以下「甲」とします)が、当該商標を当該学校法人(以下「乙」とします)の商標権に係る指定商品または指定役務と非類似の商品または役務に使用している場合には、侵害となりません。

 

例えば、乙は学校法人ということですので、乙の指定役務が「学習塾における教授」、「語学の教授」、「国家資格取得講座における教授」など、何らかの知識の教授だとした場合に、甲がウェブサイトで知識の教授とは全く関係のないサービスを提供したり、商品を販売するために、当該商標を表示している場合には、乙の商標権を侵害することにはなりません。

 

次に「使用」については、商標法上、「電磁的方法により行う映像面を介した役務の提供に当たりその映像面に商標を表示して役務を提供する行為」(商2条3項7号)も含まれます。

 

具体的には、顧客のコンピュータディスプレイに表示されるインターネットサイト上に商標を表示して、商品販売のための商品説明をしたり、音楽配信をしたり、旅行案内をしたり、といった何らかのサービスを提供するような場合です。

 

したがいまして、甲がウェブサイトにおいて、乙と非類似の商品の販売または役務を提供するために、登録商標またはこれに類似する商標を表示している場合には侵害となりませんが、同一または類似する商品または役務に使用している場合には侵害となります。

特許・商標・著作権 についての関連する質問