JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 1級知的財産管理技能士 2級FP技能士
62663831
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

はじめまして。当社がコピーライターに特定の果物のコピーならびにネット上にのせる画像をセットで依頼しました。私とコピー

解決済みの質問:

はじめまして。当社がコピーライターに特定の果物のコピーならびにネット上にのせる画像をセットで依頼しました。私とコピ ーライターが現地に行き農家の話を聞きながら録音しました。出来上がった画像及びコピーは依頼しているHP管理会社にコピーライターが直接送信しHP上でアップしてもらいました。そこでこちらがHP上または店内でPOP等に使用するためコピーのデータを送るようにいったのですが、当社が著作権を有するものはデータを送ることができません。といわれました。コピーならびに画像はHP上ではデータをソフトで変更したりしていろいろな商品と絡めて表現していくものです。店内POPでもそうです。そしてHPで使用しているデータは1枚の画像を裁断した状態で送られておりそれをこちらで張り合わせて使用しています。またデータの画像も荒いため拡大してPOP等には使用できません。これではこちらが依頼して作成費用を払っているにもかかわらずこちらは使用できるのは1回のみです。このようなことが普通なのでしょうか?以上よろしく御願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
デザイン物の作成は、当初の依頼内容が問題になります。
依頼事項がwebページ上に掲載するためということであり、著作権の譲渡がなされて
いないのであれば、それ以外の用途で使用することは著作権の侵害になります。

当該画像の品質が、Webに掲載するに適していないほど荒い画像だということであれば
十分な仕事をしていないということになりますが、Web上では十分だが印刷には
適さないということであれば、依頼内容を満足していることになります。
web上に掲載する画像を必要以上に高画質にすることは、webサイトが重たくなり、
せっかくwebページにアクセスした利用者に逃げられてしまう原因になりますから、
前述のような画質に設定してあることは、むしろ利用目的にそった適切な仕事をして
いるといえるでしょう。また、画像が裁断されているのも、webページ上での読み込み
を早くするための工夫であり、画質の件とあわせてプロとしてしっかり仕事をされてい
るという印象を受けます。

デザイナーやコピーライターとの契約は、著作権の譲渡を受けていない限り、前述の
通りあくまで当初の依頼した内容の範囲内でのみ許諾されますので、それ以外の
利用をシたい場合には、追加の許諾を受けなくてはなりません。

従前はデザイナー自身も著作権法を良く知らず、また仕事をもらう弱い立場だから
ということもあり、勝手に他目的に転用しても文句を言われないケースが多かった
という実態はありました。
但し、この点法改正で大きく変わったということではなく、単にばれるかばれないか
から始まって、ばれたとしても、仕事をもらっている弱い立場であることが多かったり、
著作権についての十分な知識が無いため、泣き寝入りしているケースが多々
あったということに過ぎません。

今回のケースで、当該画像を他の目的にも使用するのであれば、それを前提とした
契約を行う必要があります。権利そのものの譲渡を受ける場合もあれば、全面的な
(利用制限のない)利用許諾を受ける方法、目的別の利用許諾を受ける方法があり、
一時金の支払いで終わりにする場合もあれば、印刷物であれば枚数で決めたり、
配布期間を定めるといったやり方もあります。御社の今後の利用展開とご予算に
あわせて検討されるとよいでしょう。



houmuをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問