JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 435
経験:  文化庁名簿提出著作権相談員。中央大学法学部卒。
62133260
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

質問させて頂きます。 昨年、私のブログに女性から書き込みがありました。 私がインターネットのケータイ小説サイ

解決済みの質問:

質問させて頂きます。

昨年、私のブログに女性から書き込みがありました。
私がインターネットのケータイ小説サイトで執筆した不倫を題材にしたノンフェクション作品に対して掲載しないようにとの申し入れでした。

女性は、私とお付き合いしていた男性の妻だと主張しましたが、書き込みを読む限り
それはありえないと判断し、彼女の誤解を解く為
誠心誠意説明させて頂き、それでも納得いたないのならブログの方にお返事下さい。
お返事が無い場合は納得したと 判断しますとも書き込みお返事を待っていたのですが書き込みはありませんでした。

なので、納得して頂いたものだと思っていましたら、昨日私のブログに弁護士と名乗る男性からメールを頂き
その女性の代理人より案件をお預かりしている
現段階インターネット起訴は困難をきたす為、起訴には至ってませんが今夏秋には訴状が下りる予定で
私が複数の携帯小説サイトのメンバー登録したことで、当初小説の削除依頼から変更され
依頼人と弁護士さんは私の現在使用しているペンネームでの著作活動及び既存小説の掲載権剥奪に移行したと言ってきました。

そして、現在の作品は印刷にて弁護士事務所で保管し訴状申立書を提示し、掲載サイトと折り合いをつけると…
尚、強制執行と作業が前後することがあり

お答えが無い場合でもプロセスに変更はありません、任意です。
案件内容詳細はご返答しかねます。

と、いうメールでした。

私は自分の考えと質問を書きお返事頂けたら
作品の非公開とペンネームの変更を承諾しましたがお返事はありません。

この場合、私にはなんの連絡もなく裁判沙汰などになるのでしょうか?
小説も著作権剥奪とかあるのでしょうか?

また、その訴えた女性が私がお付き合いした方の奥様ではなかった場合でも
要求は通るのでしょうか?

とても困惑しています。
ご回答宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

  はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。

 

  具体的な内容の回答の前に、その弁護士とおっしゃっている方のお名前はお分かりになりますか?。お名前がお分かりになれば、下記サイトでその方が実在する方か確認が出来ます。http://www.nichibenren.or.jp/bar_search/  もし仮に万一実在しない方でしたら、このご質問の前提が、そもそも存在しないことになると思います。ご参考まで。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答有難うございます。

 

弁護士の名前の件ですが、メールにはアルファベット1文字に弁護士事務所とあり

名前は苗字のみで、下の名前も住所などは分かりません

なので、紹介頂いた検索で探すことは出来ないのです。

 

先生から見て

この弁護士と名乗るメールは虚偽だと思われますか?

 

ブログには迷惑メールを通報する機能があります。

通報した方がいいでしょうか?

 

また、その弁護士のブログになんらかの警告(例えば、弁護士を名乗って、私が精神的苦痛を受けたことへの謝罪)など書き込み作品の非公開は撤回するとの旨伝えた方がいいのでしょうか?

 

最後に一つ教えて頂きたいのですが、弁護士が訴えられた側(私)になんらかの連絡をする場合

自分の身分をどこまで明らかにしなくてはいけないという決まりはあるのでしょうか?

 

事務所の住所、氏名、電話番号など

 

多くの質問で申し訳ありません

 

宜しくお願い致します。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:その他.
お答え頂いた先生がオフラインか他の質問に回答中だということでたので、出来れば早く結果を知りたいので申し訳ありません
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

 まず、弁護士の方は弁護士事務所という表現は、通常は使用しません。 使用する表記は「法律事務所」です。そして、通常は、〇〇市〇〇町1-2-3 〇〇法律事務所 弁護士 〇山X男 電話〇〇〇-〇〇〇-〇〇〇〇 というような表現になります。弁護士の方に限ったことではないですが、通常は住所・事務所名・職業・氏名・電話番号を表記します。私でしたら〇〇市〇〇町1-2-3 〇〇行政書士事務所 行政書士 X山〇男 電話〇〇〇-〇〇〇-〇〇〇〇 というような表現になります。

 質問者様の当初の質問内容及び返信内容から考えて、本当に弁護士の方が書いた文章なのか疑問に思います。 その方にフルネームをお聞きになって回答がありましたら、検索サイトでご確認下さいませ。回答がない、若しくは回答はあってもそういう方は存在しない場合は、イタズラの可能性が高いと思います。

  

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答有難うこざいます。

 

何度も申し訳ありません

 

先ほど、送られてきたメールを再度確認しましたところ書き出しが以下の様なものでした。

 

「私、インターネット訴訟を扱う法律事務所(ここでは法律事務所になってました)〇〇と申します。個人情報保護法に反するため実名は伏せます」

 

とあり、私はてっきり

私の名前を実名ではなくペンネームで記していましたので、私のことだと理解していたのですが、どうも実名を伏せるとは、その弁護士自身のことだったのではと思い再度質問させていただきました。

 

例え、ブログへのメールだとしても、弁護士が偽名を使って接触してくることは実際、あるのでしょうか?

 

その弁護士に実名を聞いて、返信がないまたは拒否された場合

偽者ということになるということですね。

その場合、この弁護士を名乗った人物は罪には問われないのでしょうか?

 

問われるとしたら、どのような罪名になるのでしょうか?

 

何度もすみません

気になって仕事も手につかない状態なのです。

このご回答は先生のご都合の良い時で結構です。

宜しくお願い致します。

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

<例え、ブログへのメールだとしても、弁護士が偽名を使って接触してくることは実際、あるのでしょうか?>通常は考えにくいですね。

 

<その弁護士に実名を聞いて、返信がないまたは拒否された場合偽者ということになるということですね。>回答する場合、しない場合の両方可能性としてはなりますよね。回答しても存在しない場合もありますね。その場合、その可能性が高いと先ほどの回答でも申し上げております。

 

<その場合、この弁護士を名乗った人物は罪には問われないのでしょうか?問われるとしたら、どのような罪名になるのでしょうか?>単に名乗るだけでしたら軽犯罪法違反です。〇〇士でない者が〇〇士と名乗って仕事をしたら〇〇士法違反にまります。行政書士だったら、行政書士法違反、税理士だったら税理士法違反です。 その方が弁護士でないのに弁護士と名乗って仕事をして報酬を得たら弁護士法違反になります。

shonansolicitorをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問