JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

patent777に今すぐ質問する

patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 453
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

来期の健康食品の新商品を社内で検討しているのですが、これまでとは違った点をポイントに商品開発を行っています。それは、

質問者の質問

来期の健康食品の新商品を社内で検討しているのですが、これまでとは違った点をポイントに商品開発を行っています。それは、原材料に添加物を使わない商品シリーズをつくることにしたという点です。補足 ですが、はじめはレモン果汁を使って、酸味を調整したいと思って材料の配合を練っていました。ところが、食用酢の方がよりマイルドに仕上がるため、リンゴ酢にするか米酢そのままを使用するか、そのどちらかで社員からの新アイデア募集のプレゼンを行っているところです。無添加の文字を使用して商品名をつけても問題ないでしょうか?商品名に入れないバージョンも考えていますが、他の表現の方がいい場合があればアドバイスをいただけますでしょうか。

似たような商品が市場にはかなりあるため、商品化できた後には問題がないようにしておきたいのでご質問させていただきました。宜しくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 5 年 前.

知的財産権を専門に扱っている弁理士です。

 

「無添加」の文字を使った商品名を使用する場合には、商標権侵害と不正競争に該当しないことが必要となります。以下その観点からご説明いたします。

 

1.商標権侵害について

 

すでに「無添加」の文字を使った登録商標についての商標権が存在しているか否かについて、調査する必要があります。

 

 

 

商標権侵害とは、「指定商品若しくは指定役務又はこれらに類似する商品若しくは役務について、登録商標若しくはこれに類似商標を使用し、又は一定の予備的行為をする場合」をいいます(商標法(以下「商」とします)2条3項、25条、37条等)。

 

そのため、飲食物(健康食品に限らず)や飲食物の提供について、質問者様(以下「甲」とします)の品名と同一または類似の登録商標がすでに存在している場合に、甲がその品名を使用しますと商標権侵害となります。

 

そのような登録商標が存在しないのであれば使用しても問題はありません。

 

したがいまして、登録商標が存在するか否かを調査する必要があります。

費用をかけずにご自身で調査するのであれば、特許庁が無料で提供している電子図書館を利用して行うことができます。

特許庁のホームページから電子図書館へのアクセスができます。

 

ただ、検索に慣れていなければ、時間を要したり、調査漏れなどのミスが生じる可能性がありますので、商標を扱っている特許事務所に依頼された方がいいと思われます。

 

ここで「無添加」を使用した登録商標についてですが、飲食物について「無添加」の文字のみを普通の態様(デフォルメなどしたようなものでなく)で用いた商標は、自他商品等識別機能がないので、全国的に著名でない限り、存在しないはずです(商3条1項3号、同2項)。

 

おそらく登録商標として存在するのは、識別力のない「無添加」の文字と他の識別力ある文字・図形・記号などを結合した商標の場合のはずです。全体として識別力を有していれば登録される可能性があります。

 

そのような登録商標が存在している場合、甲の品名がそのと登録商標と同一・類似であれば侵害となります。

 

商標の類似の判断は難しいく、基本的には、外観、称呼、観念の3要素で判断されます。また、取引の実情(その登録商標が周知・著名か、営業地域、企業経営の多角化など)なども考慮されます。

 

仮に、同一・類似の商標権が存在しても、存続期間が満了し、更新申請もしていない場合がありますので、その場合には、甲の品名を使用しても問題はありませんので、その点も留意して調査する必要があります。

 

一方、現段階では、甲の品名と同一・類似の登録商標が存在しな場合であっても、甲がその品名を使用開始した後に、他社がその品名と同一・類似の商標を出願し、登録される場合もあります。

 

その場合には、後発的に甲は品名を使用することができなくなります。

このような場合、甲に先使用権(いわゆる先に使用している甲の業務上の信用を保護する既得権のようなもの)が発生する場合もあります。その場合には、甲はその品名の使用を継続することができます(商32条)。

 

しかし、先使用権を取得するには、いくつかの要件を満たしていなければならず、特に、他社の出願時に甲の使用していた品名が、少なくとも一地方で周知であることが必要となってきます。また、継続して使用していることや不正競争の目的なく使用していることも必要です。

 

したがいまして、後発的に使用が禁止されないようにするには、自らその品名について商標権を取得する必要があります。

 

2.不正競争について

 

不正競争とは、「他人の商品等表示(人の業務に係る氏名、商号、商標、標章、商品容器、包装その他の商品又は営業を表示するもの)として需要者の間に広く認識されているものと同一若しくは類似の商品等表示を使用等し、他人の商品又は役務と混同を生じさせる行為」(不正競争防止法(以下「不」とします)2条1項1号)、「著名な商品等表示と同一若しくは類似のものを使用等する行為」(不2条1項2号)をいいます。

 

そのため、甲の品名と同一・類似の商品等表示であって、周知・著名なものが存在する場合には、使用することができません。

 

商品等表示は、登録商標と異なり、登録されていることを要しませんので、周知・著名な表品等表示が存在するか否は、登録商標のように検索して調べるというわけにはいきません。

 

1号の周知性は一地方での周知をもって周知とされ、2号の著名性は相当程度広い範囲で知られていることをもって著名とする、と言われているのみで明確な判断基準はありません。

 

同業の飲食業界において周知・著名な商品等表示か否かをある程度、調べておき、なるべく、そのような表示と近似しないような品名としておくのが得策かもしれません。

 

「無添加」の文字に特徴のある図形・記号などを一体的に結合させたり、他の識別力名ある文字を結合させるか、又は結合商標を通常の文字とは異なる変形ないし図化したりして使用するのもいいかもしれません。

 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yo-shi

    yo-shi

    一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)

    満足した利用者:

    233
    中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/YO/yoshi/2014-12-8_21946_face.64x64.jpg yo-shi さんのアバター

    yo-shi

    一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)

    満足した利用者:

    233
    中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    46
    行政書士 知的財産修士 1級知的財産管理技能士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/PA/patent777/2011-10-5_16540_shirtM1.64x64.jpg patent777 さんのアバター

    patent777

    弁理士資格を取得

    満足した利用者:

    453
    特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
  • /img/opt/shirt.png satohk555 さんのアバター

    satohk555

    弁理士

    満足した利用者:

    20
    2010年弁理士試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3415
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
 
 
 

特許・商標・著作権 についての関連する質問