JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 506
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

学習塾を経営しております。 クリスマスに塾生に CDをプレゼントしようと思い、受験に向けて元気になる曲をCD

解決済みの質問:

学習塾を経営しております。

クリスマスに塾生に
CDをプレゼントしようと思い、受験に向けて元気になる曲をCDに複写して配布しようと考えています。
ジャケットに歌手(10名)、歌詞も作成し、塾名も入れようかとも思いますが、違法ですか。
あくまで無料でプレゼントするのですが。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 5 年 前.

著作権侵害となります。

 

元気になる曲は、著作権法上の音楽の著作物(著作権法(以下「著」と記載します)2条1項1号、著10条1項2号)に該当します。

 

ジャケットに入れる歌手(歌手の写真ですか?以下、写真とうことで記載します)の写真は、(自動証明写真、プリクラ、監視カメラなど、まったく創作性の認められないものを除き)著作権法上の写真の著作物(著2条1項1号、2条4項、10条1項8号)に該当する可能性が高いです。

 

さらに、歌詞についても、著作権法上の言語の著作物(著2条1項1号、10条1項1号)に該当します。

 

したがいまして、質問者様の本事案における利用は、著作権のうち、複製権(著21)侵害となります。

 

ここに「複製」とは、印刷、写真、複写、録音、録画その他の方法により有形的に再製することをいいます(著2条1項15号)。すなわち、複製の方法については限定がないので、有形的な再製にかかるすべての方法が「複製」となります。

 

一方で、私的使用の場合には、許諾なく複製することができます(著30条)。私的使用できる条件は、(1)個人的又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること、(2)使用する者が複製すること、(3)公衆に使用されることを目的として設置されている自動複製機器で複製しないことなどです。

 

質問者様が、ご自身でご自分の機器によって曲をCDに複写するのでしたら、上記の(2)(3)はクリアーします。ここで問題となるのは(1)の条件です。無償で配布する場合であっても、「塾生」へのプレゼント(配布)を目的とする複製が、著30条1項でいうところの、個人的又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用することを目的としているといえるかどうかです。

 

「個人的に」とは、「一人で」という趣旨ですので、本事案では一人で使用することを目的として複製するわけではございませんので、「個人的に」には該当いたしません。また、「家庭内」での使用でもありません。

 

「その他これに準ずる限られた範囲内」については、その解釈について様々な学説がありますが、大方は次のように説明されています。「複製する者の属するグル ープのメンバー相互間に強い個人的結合関係のあることが必要で、部数を限定して友人に配布するような場合は該当しない。典型的には、社内の同好会とかサークルのように10人程度が1つの趣味なり活動なりを目的として集まっている限定されたごく少数のグループということ」、「これに準ずる限られた範囲内に該当するためには、相手方との間に家族に準ずる程度の親密かつ閉鎖的な関係があることがことが必要であり、相手方が不特定の者であってはならない。」

 

したがいまして、学習塾のようにメンバーが常時変更し、新旧メンバーを総体してみると、家族にずる程度の閉鎖的な関係が認められるとはいえませんので、「・・・限られた範囲内」には該当せず、私的使用のための複製とはいえないと考えられます。

 

また、写真の使用は、プライバシー権やパブリシティ権といった肖像権(著作権法上の権利ではありません)の問題が出てきます。有名な歌手のような著名人の写真を使用する場合は、写真内容にもよりますが、プライバシー権というよりも顧客吸引力を保護するパブリシティ権の問題が浮上する可能性もありますが、本事案では、営利を目的とするものではないので、肖像権侵害とはならないと考えられます。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

詳しいご回答有り難うございました。1点だけ質問です。

 

ジャケットに入れるのは、歌手の写真ではなく 歌手の名前とその歌詞を記載するという意味です。(10曲程度)通常のCDに入ってるようなもので写真は使用しません。

 

従いまして、写真でなく歌手名と歌詞ということになると思います。著作権侵害なると思いますが、その場合いかがでしょうか。

専門家:  patent777 返答済み 5 年 前.

意図していることに反した回答を致しまして申し訳ありません。

 

歌手名は著作物には該当せず、営利目的の使用でもないので著作権やパブリシティ権を侵害することにはならず記載しても問題ありません。

 

ただし、歌詞と曲は分離できますので、楽曲は歌詞と曲が結合した、いわゆる「結合著作物」となります。「共同著作物」であれば一個の著作物に複数の著作者が存在することになり、著作権も一個となりますが、楽曲は、歌詞と曲の各々に別個の著作権が発生します(歌詞は言語の著作物で曲は音楽の著作物)。

 

したがいまして、楽曲から切り離した歌詞を記載するということは、言語の著作物である歌詞を複製することになりますので、権利者の許諾を得ないで本事案の行為をしますと著作権(複製権)侵害となります。

 

 

patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問