JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hakase425に今すぐ質問する
hakase425
hakase425, 弁理士
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 2
経験:  知的財産に関するご質問に可能な限りお答えします。 よろしく御願いします。
61459414
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
hakase425がオンラインで質問受付中

私設ファンクラブの運営について

解決済みの質問:

こん にちは! すみません。アドバイスをお願いいたします。 私はある韓国人俳優の私設ファンクラブを運営しています。 運営と言うのは、サイト運営、プレゼント等一緒にするためのお金の取りまとめ、情報提供などですが、もちろん、著作権にかかわる内容もふくまれています。(サイト内に俳優さんの写真等掲載しています) それで、今まで私たちのサイトについて、日本公式FC(日本での所属事務所)も黙認していたのですが、お金を出し合ってプレゼントをする行為を禁止しますという公知がでました。 サイト運営について、ブログ等とはあまり変わらない程度の内容ですが、著作権が云々ということで個人のファンサイトが法的に訴えられるということがあるでしょうか? また、 プレゼントを数十名で贈るということはファンクラブの許可がいることだとは思いませんが、 その点につていはどうでしょうか? サイト運営に関してはすべて個人のお金でしています。 会費等を集めているわけではありません。 個人的に運営費を使ってはおりません。 何か良い解決方法はないでしょうか? どうぞアドバイスお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  hakase425 返答済み 5 年 前.

 写真掲載については、会費を集めてなくても、メンバーが数十人に及ぶようなので、私的利用の範囲を超えて著作権侵害になる可能性があります。

 もっとも、ファンに対して著作権侵害で訴えるということは考えにくいですが、所属事務所からプレゼント禁止の通達が出た以上、許可はとった方がよいと思います。所属事務所側から、あまりに身勝手な通達が出たならともかく、プレゼント禁止は運営を円滑にするための常識的範囲の通達と考えられることから、無視して強行にプレゼントすると、心証を悪くする恐れがあると思います。

 なお、プレゼントをする行為自体は、他の法律の問題で、著作権法とは無関係の行為です。

質問者: 返答済み 5 年 前.
おはようございます!
回答ありがとうございました。
もう少しお聞きします。
プレゼント禁止というのはファンクラブに所属しているからと考えてよいでしょうか?
もし運営者がファンクラブに所属していない場合はどうですか?
今まで2年間、事務所(韓国国内のマネージメント会社、日本のマネージメント会社二つあり、主に韓国の事務所の許可は毎回とり、手伝っていただいています)の許可の下、何の トラブルもなく本人も喜んでくれているのにいきなり禁止といわれた場合ですが、身勝手な通達とはいえないのでしょうか?
他の韓国の俳優さんの私設ファンクラブも運営してきましたが、こんなことは聴いたことがありません。
なぜかというと、韓国国内ではファンが集まってお金を出し合い、活動するのはあたりまえであり、俳優本人も所属事務所も100%近く受けて助けてくれるのが現状です。
日本での贈り物を控え、韓国で贈り物をするというのはどうでしょうか?

とにかく同じ気持ちの人たちがあつまり、応援する目的で営利目的でもなく、
贈り物をあげることにあれこれ指図される意味が理解できません。
ファンクラブの円滑な運営のためとおっしゃいますが、それは自分達がお金をとっているのだから、自分達でクレーム処理してください。という気持ちです。
私たち50名近いメンバーは全員ファンクラブにも加入しており、貢献してきました。

そして今後も日本での活動は控えても、韓国国内で活動する予定です。

なお、ファンクラブの会則、規約はどこを探しても書いてないし、加入する時にもその表示がありませんでしたので加入した次第です。

規則に従えとか禁止とかいうからには会則があるはずです。
その表示もなく、そういう言葉を使えるのでしょうか?
とてもいい加減な気がしますが・・・

お手数ですが、もう少し詳しくご意見をお聞かせいただけますか?
よろしくお願いいたします。
専門家:  hakase425 返答済み 5 年 前.

通達の禁止事項を回避するには、以下の2つの方法が可能かと思われます。

①仰るとおり、日本で控えつつ、韓国で引き続きプレゼント費を募ってプレゼントを渡す
②日本でやる場合には、私設ファンクラブとしてでなく、5人以内ぐらいのメンバーで個人名で渡す

また、公式ファンクラブにも、①今まで問題なく行われており、しかも韓国では当然のように行われむしろ喜ばれていること、②そもそも韓国芸能人のファンクラブでプレゼントを禁止するということが前例がなく社会通念上不合理であること等を主張して抗議してみるのも手かと思います。ともすれば、悪質なファンクラブが存在してそれを抑えるために、こういう通達を出したのであり、貴方の私設サイトのような良心的なファンクラブについては、問題ないと判断される可能性もあります。

さらに、仮にこの通達を守らなかった場合でも、まずは公式ファンクラブから連絡がくるだけで、いきなり著作権侵害を問題にしてくることは考えにくいです。

大変恐縮ですが、写真掲載の可否のような著作権法内のことならともかく、こういった内容となると民法等の問題となり、原則的には弁理士の職域外のこととなってしまうため、法テラスで相談して確認みてもよいと思います。
http://www.houterasu.or.jp/

hakase425をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問