JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 499
経験:  都留文科大学卒業、企業に就職し経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

現在58歳の男性です。職場では60歳で嘱託待遇になります。定年退職を何歳でするのがいいのか。判断した

質問者の質問

現在58歳の男性です。職場では60歳で嘱託待遇になります。定年退職を何歳でするのがいいのか。判断した
く思います。59歳、60歳、61歳?どうちがいがでてくるのでしょう?
年金の支給、その他制度とからめて教えてください。また再就職した場合とそうでな
い場合も含めてアドバイスくださるとありがたいです。
投稿: 2 ヶ月 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  dai60962000 返答済み 2 ヶ月 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
現在58才ですと、厚生年金は64才時点での支給となります。
お勤め先の退職金の規定と、嘱託雇用の制度が分かりませんのでなんとも言えませんが、たいていの場合定年時でない退職金は定年退職に比べて減額されると言われています。
定年後他の会社で働くとなると、環境の変化や適応できるかの問題もあります。
嘱託雇用で64まで働くのがベターではないでしょうか。
嘱託になり給与が75%以上がれば、高年齢雇用継続給付金が支給されます。
早めのリタイヤをお考えであれば、61まで働くと住民税の負担に苦しむことは軽減されます。
また国民年金のみ繰り上げ支給することもできます。(年当たり0.5%減)

保険・年金 についての関連する質問