JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 987
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

繊維筋痛症の症状、脊椎関節炎の症状が、2年以上経過しても治りません。冷蔵庫が壊れたので、掃除を休憩を取りながら、掃除をし

解決済みの質問:

繊維筋痛症の症状、脊椎関節炎の症状が、2年以上経過しても治りません。冷蔵庫が壊れたので、掃除を休憩を取りながら、掃除をしただけで、2週間たっても、筋肉痛や関節痛や微熱が引かないです。
事務で、半日で仕事を探したいですが、以前に、ハローワークで治療中の方は、まだ、就職活動できません。と言われました。
使用者に理解があれば、可能のような気もしたのですが、年金も決まっていないうちに無理して、就職活動をしないほうが良いのでしょうか?
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  houmu 返答済み 3 ヶ月 前.

具体的な病状やご質問者さまのスキルを理解できているわけではありませんので一概にはいえませんが、おそらく一番のネックは、事務職を希望されているところにあるかと思います。といいますのは、ここ数年、求人倍率が高くなり(求人数の方が多くなり)、就職活動が全般的にしやすくなっている中でも、非常に厳しい状況が続いているのが一般事務だからです。

たった一人採用したいために求人を出したところ、数日で50人、100人から応募があった、ということは珍しくないのが実情です。たくさん応募が殺到して履歴書に全部目を通すだけでも大変なんていう話も聞こえてくる状況です。

このように、ただでさえ厳しい状況ですので、ご質問者さまのように、事情を抱えて配慮を必要とする求職者の方というのは非常に厳しいだろうというのが、おそらくハローワークの方の率直な感想だったのではないかと思います。

参考

https://www.kras.co.jp/news/archives/446

http://www.bunoshi.com/entry/2017/03/02/120700

http://www.ecareer.ne.jp/contents/tsd/077.jsp

https://careerconnection.jp/biz/tyosahan/content_1719.html

人手不足で困っている職種も多々ありますので、体調を考慮しながら職種を広げてご検討されてみてはいかがでしょうか。

なお、もしご質問者様が身体障害者手帳の交付を受けられる程度の状況であるのであれば少し話は違ってきます。これは、ご存知かもしれませんが、一定規模の事業者には、障害者の雇用が義務付けられているためです。求人状況は企業にもよりますが、作業上の配慮が難しい現場作業よりも、比較的対応のしやすい事務職で障害者の方の求人をかける企業が結構あります。ただし、最低週20時間以上の勤務が必要であり、できれば週30時間以上の勤務を前提としての就職活動が望ましいです。これは、20時間以上であれば0.5人、30時間以上であれば1人として、雇用義務のカウントになるためです。

今後の就職活動のご参考になりましたら幸いです。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12372;返信ありがとうございました。
以前は、病院や老健やデイケアで働いていました。国家資格を有していましたが、今はもう、自分のセルフケアだけでも大変な時があります。継続的な掃除等で、筋肉痛と関節痛等が出てきて、なかなか治らない状況です。
もう、以前のように働けないので、社会福祉主事等の資格をたまたま所持しているので、新たに、ケアマネを取得したほうが、パートの短時間で求人があるのかとも思っています。
施設等の相談員などで、体力を使わない仕事を探しています。
車の運転30分で、臀部や腰部に妙な痛みが出てきます。
手帳の申請か、障害者年金の申請が通ってからのほうが、よいでしょうか?
仮に、相談員の半日で採用された場合、痛みを我慢して働いていても、支給対象であっても、除外されそうな気がします。
専門家:  houmu 返答済み 3 ヶ月 前.

資格や経験をおもちなのですね。

就職活動自体は縁のものであり、タイミングもありますので、就職を希望されているのであれば、情報収集も含め活動自体は継続された方がいいように思います。また、障害者手帳の発行が受けられそうだということであれば、障害者向けの求人についても平行して情報収集をされて、視野を広げられるとよいでしょう。

ハローワークだけではなく、民間の人材紹介会社でも、障害者を対象としたものもあります。障害者向けの求人は、一般向けの求人と比べると、年収水準は低めのものが多くなってはしまいますが、逆に一般向けには中途求人を募集していないような大手企業の求人がみつけられることもあります。また、障害者向け求人を出されている企業は、そもそも一定の配慮が必要であることを踏まえたうえで募集されているのも大きな違いですね。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
20170;の、症状で、隠して活動するのは、困難ですし、これ以上、症状が悪化したくありません。
どうしても、障害者枠で活動したいです。でも、手帳も何も無いです。
父親が、国会議員や県会議員や市長と知り合いなので、人権侵害にもあっています。父親は、準禁治産者なので、固定資産を売って遊びたい為に、私に家から出ていけ。と言っています。問題がそれましたが、障害者枠で探すには、やはり、手帳があった方が、良いですよね?診断書に活動制限がある事より、探し易いと思うのですが。
専門家:  houmu 返答済み 3 ヶ月 前.

一定以上の規模の企業には障害者の雇用が義務付けられていると先に回答しましたが、この要件を満たすには手帳の交付を受けている障害者を雇用する必要があります。この雇用義務を満たしていないと、1人につき年間60万円程度のペナルティーを支払う必要があります。

これまでは、義務を満たしていなくても、ペナルティを支払えばいいんだろうという考えの企業もあったのですが、最近はきちんとした対応が求められるようになってきており、また、状況によっては行政指導が入ったり会社名が公表されてしまうなどの不利益を受けることになります。

診断書に活動制限があるとうことは、単に配慮だけが求められて、企業にとってメリットがありませんが、障害者手帳をお持ちであれば、配慮の必要はあるものの、企業にメリットもありますので、就職活動はやりやすくなるでしょう。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12372;返答ありがとうございました。
認定資格を取得途中だっただけに、繊維筋痛症となり、とても悔しくてなりません。
手帳の申請は、肢体不自由で診断書を福祉課から、頂きました。しかし、専門医が、PTの計測等のリハビリの予約を入れてくれたのに、整形外科の診察で、『機能障害が無いから、無理。痛いだけじゃだめだ。』と、追い返された状態でした。そもそも、PTの予約を入れたのに、整形外科の医師の診察で、触診等無しで、機能障害の話を一方的に聞かされて、追い返されると、思いもよりませんでした。
今は、脊椎関節炎症状が強く出て、微熱もなかなかひかないです。車の運転の振動で、30分で、腰部と尾骨付近に鈍痛が出てきます。前の車に身体障害者マークで、運転席しか乗っていないのを見るたびに、私だけ、認められないのは変だなぁ?といつも感じます。
どちらかと言うと、発症してから、2年以上経過しますが、筋収縮痛は広範囲に広がっているため、悪化しているように感じます。症状固定ではなく。
痛みは、微熱の継続や、関節の動作時痛や、車の振動で鈍痛が出てくることに、医師の理解は得られないのでしょうか?
専門家:  houmu 返答済み 3 ヶ月 前.

医師の診察というのは、障害の状況を把握するための手段であり、最終的に手帳を発給する要件に該当するかどうかを判断するのは市町村の職員の方です。

ここでふたつの問題がありますが、一つ目は医師としては客観的に評価できることしか書けないということです。正確に言えば、ご質問者様が痛いといっている、と書くことはできますが、それでは単なる自称ということですから、審査の役に立ちません。

レントゲンを撮影したら、○番と○番の間が狭くなっていて、これが痛みの原因だ、というような客観的な評価資料が必要になってくるのです。これをお医者さんとご本人様とでいかにコミュニケーションをとって準備していくかが重要なポイントになってきます。

もうひとつの問題は、障害の認定基準というのはあくまでもお役所の決めている基準ですから、お医者さんは実際のところ専門外であり、詳しくありません。そのため、もうひとつこの検査をすれば、認定されるの可能性があるのに、その資料が付いていないため認定が受けられないというケースもあります。もちろん中には詳しい方もいらっしゃいますがそちらの方が例外と思われたほうがよいでしょう。

認定の難しい事例であれば、むしろこちらから医師にアドバイスをするぐらいの心づもりが必要です。障害認定を専門としている社労士などに依頼をされてみるのもひとつの方法かと思います。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
31169;は、父親をはじめ、親族から、人権侵害にあっています。
医師も、1度目の診察は、普通に対応してくれたり、繊維筋痛症の疑いがあります。と言われるのに、2回目の診察から、対応が変わります。
診療だけに限らずです。相続等の開示請求等です。私自身の入院情報のカルテ開示もそうでした。弁護士の依頼でないと、開示しません。と。
しかし、担当弁護士も、徐々に対応が変わり、事務所に電話をつないでもらっても、「今、書類がないから、答えられない。」と言います。事務所に電話をしたのに、変な返答でした。話が変わってしまいすいません。とりあえず、人権侵害にあっています。勤務先であった社労士からも、ばかにされた扱いをされて、障害年金は、自分で社労士を探しました。
しかし、その、社労士も、手帳の申請は仕事として、やっていません。と言われてしまいました。どうやって、社労士を探せばいいでしょうか?ネット等で探すしかないでしょうか?
市役所の福祉課では、指定難病であることと、手帳を所持していなければ、何も、対応ができないそうです。
専門家:  houmu 返答済み 3 ヶ月 前.

もうしわけありませんが、Justanswerでは当初にいただきましたご質問と提示された報酬額を見て、回答に対応するかどうかを決める方式になっております。

各専門家は、Justanswerの従業員ではなく、回答者として参加している専門家であり、各回答に評価をいただいて、初めて報酬をいただくことができます。

追加のご質問に関しましては、別途新規のご質問として投稿をいただきますようにお願いします。

houmuをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問