JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

ずっと払ってません。今40歳で海外に住んでいます。海外の年金は高いので日本の年金を払っておいたほうがいいかなと思っていま

解決済みの質問:

ずっと払ってません。今40歳で海外に住んでいます。海外の年金は高いので日本の年金を払っておいたほうがいいかなと思っています。今からでも大丈夫でしょうか?海外在住でも年金はいいただけるのでしょうか。その際どのような手続きをして今後払い続ければいいでしょうか?
投稿: 2 ヶ月 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  houmu 返答済み 2 ヶ月 前.

日本の国民年金は、日本人であれば海外居住者であっても加入可能です。

従来、年金の受給を受けるためには25年の加入期間が必要でしたが、今月より改正法が施行され、10年の加入期間があれば年金を受けられることになりました。したがって、仮にご質問者様がこれまで年金に全く加入されていなかったとしても60歳まで年金を支払えばある程度の年金は受給できるということになります。

国民年金の年金額は物価等に応じて変動しますし、法改正が行われる可能性もありますので、あくまでも現行制度ベースにはなりますが、今年度の国民年金の満額は779300円/年となっています。これは、国民年金保険料を20~60歳までの40年間納付した場合(厚生年金等の加入期間を含む)の金額で、実際の受給額は納付済期間に応じた額となります。例えば納付期間が20年であれば半額に、10年であれば1/4になります。

国民年金の加入手続きは、国内に居住されていた方が海外へ転居された場合は、日本における最後の住所地を管轄する年金事務所又は市町村役場が、日本に居住されたことがない方の場合は、千代田年金事務所が管轄となります。

書類はこちらの様式になります。

http://www.city.gifu.lg.jp/25885.htm

手続きは郵送でも可能ですし、日本にいらっしゃる親族やご友人にご協力いただけるのであれば、手続きをお願いするのもいいでしょう。

なお、保険料の納付については海外からの送金には対応していません。したがって、

・クレジットカードで納付する

・日本の銀行口座をお持ちであれば口座振替で納付する

・日本国内の協力者に納付してもらう

のいずれかになります。

クレジットカードや口座振替の申出書はこちらからダウンロード可能です。

質問者: 返答済み 2 ヶ月 前.
22238;答ありがとうございました。
今から加入するとなると過去にさかのぼって納付することになるのでしょうか?
それから帰国時に社会保険に加入する際、年金を支払っていないと加入はできないでしょうか?
専門家:  houmu 返答済み 2 ヶ月 前.

日本に居住されていて、本来加入しなければならない方が、所定の手続きをしていないために未納となっている場合は、過去にさかのぼって支払う必要がありますが、ご質問者様のようにそもそも加入義務がなく、加入されていない方の場合は過去にさかのぼっての加入・納付は希望してもできません。帰国された場合でも、あくまでも将来に向かっての加入・納付になります。

なお、過去の未加入期間がある関係上、60歳まで納付をしても満額には届きませんが、ご希望であれば65歳までさらに納付期間を延長することで満額に多少なりとも近づけることは可能です。(あくまでも任意です)

日本に住所のない方には年金の加入義務がそもそもありませんから、それを理由に帰国時の社会保険(年金・健康保険)の加入手続きで問題になることはありません。

houmuをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 ヶ月 前.
20170;は海外に結婚して住んでいますが、日本にいたときにも支払っていません。
その分は滞納という形でさかのぼって支払する義務はないのでしょうか?

保険・年金 についての関連する質問