JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 499
経験:  都留文科大学卒業、企業に就職し経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

定年退職を6月22日に迎えました。同じ会社で週に3日1日9:00から16:30勤務60分休憩で働いています。失業保険をも

質問者の質問

定年退職を6月22日に迎えました。同じ会社で週に3日1日9:00から16:30勤務60分休憩で働いています。失業保険をもらえますか?
投稿: 4 ヶ月 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  dai60962000 返答済み 4 ヶ月 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

定年退職は60才ですよね。再雇用されておられるということですから、失業保険は出ません。

代わりに「高年齢雇用継続給付金」が出る可能性があります。

60歳以降、基本手当(失業保険)を受給せず雇用保険に加入して働き続ける人の賃金が、60歳時点の賃金の75%未満に低下した場合に支給されます。

支給対象月の賃金の低下率(※1)が61%以下:「支給対象月の賃金×15%」を支給

支給対象月の賃金の低下率が61%超~75%未満:「支給対象月の賃金×一定の割合(15%~0%)」を支給

支給対象月の賃金の低下率が75%以上:支給されない

(※)低下率=支給対象月の賃金÷60歳時点の賃金
(注)60歳時点の賃金月額の上限額は44万5800円、下限額は6万8700円(平成28年8月1日現在の額。毎年8月1日に改定される)。上限額を超える、あるいは下限額を下回る場合は、これらの上限額・下限額を用いて計算します。

一度会社の厚生担当に相談してみてはいかがでしょうか。

専門家:  dai60962000 返答済み 4 ヶ月 前.

回答にご納得いただけましたら、「評価」の方をお願いします。

保険・年金 についての関連する質問