JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 489
経験:  都留文科大学卒業、企業に就職し経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

61歳会社員です。今年4月から、在職しながら厚生年金を受給しています。勤務先から、今年から賞与を年2回もらう事になりまし

解決済みの質問:

61歳会社員です。今年4月から、在職しながら厚生年金を受給しています。勤務先から、今年から賞与を年2回もらう事になりましたが、6月に1回目賞与をもらった事により、年金支給額が60パーセント削減する旨の通知が、日本年金機構からありました。変更理由は 74です。対応方法がありますか?
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: 従来インセンティブと称して支給された「実質ボーナス」を賞与として支給すると
投稿: 10 ヶ月 前.
カテゴリ: 保険・年金
質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
24179;均標準報酬額が変わり、受給年金額が多少変動するのは、理解できますが、60パーセントも減額されては、堪りません。以前会社の同僚に
時間外手当が大幅に増加したため、厚生年金受給を止められた人がいました。一時的な収入増という事で、調整をしてもらった事例を知っています。何か対応方法はありますか?
専門家:  dai60962000 返答済み 10 ヶ月 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

60歳以上65歳未満の方で、厚生年金保険に加入しながら老齢厚生年金を受けるときは、基本月額(年金額を12で割った額)と総報酬月額相当額(毎月の賃金(標準報酬月額)+1年間の賞与(標準賞与額)を12で割った額)に応じ、年金額が支給停止(全部または一部)される場合があります。

インセンティブ(給与)であろうと、ボーナス(賞与)であろうと総報酬月額に変化はありません。

もしかしてインセンティブをこれまで「報奨金」扱いで支給されていませんでしたか?これだと非課税で総報酬月額に加えられません。

会社側がインセンティブを給与と認定するよう税務当局から指摘があったのではないでしょうか。

基本月額と総報酬月額相当額の合計額が28万円以下のときは減額されません。

厚生年金の支給停止・減額には一定の基準があります。また高年齢雇用継続給付金なども総報酬月額に連動しています。それに見合った働き方・労働時間を選択してはいかがでしょうか。

dai60962000をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問