JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 501
経験:  都留文科大学卒業、企業に就職し経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

夜分、申し訳ありません。 国民健康保険料の事でご相談があります。

解決済みの質問:

夜分、申し訳ありません。
国民健康保険料の事でご相談があります。
現在、私は家族の三人(子供一人8才)で生活をしていますが、失業中で家内の給料で生活をしています。
その保険料が月に4万円位に成っており、毎月の生活費を逼迫させています。
何か良いアドバイスを頂ければと思いまして、ご連絡を致しました。
宜しくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

奥様は現在フルタイムでお働きなのでしょうか。

そうであれば奥さんは国民年金2号保険者です。そして配偶者であるあなたは3号保険者になる資格があります。

奥様の会社で手続きしてもらいましょう。

この手続きをしないと 保険料の支払いは免れませんので、過去の保険料の還付を受けるというこはできません。

その点はご承知ください。

専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.

すみません、国民年金と勘違いしていました。

健康保険も同じくで、奥様の扶養に入ることによって、国民健康保険から健康保険組合(協会けんぽを含む)の被扶養者になります。

保険料は、奥様の収入にその健康保険組合の保険料率をかける形になり、家族が多いから保険料が多いということはありません。

ただ、過去に戻っての修正というのは、どのようないきさつがあるのかは分かりませんが、難しいと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
22238;答頂き有難う御座いました。
そうしますと、年収に対しての評価額は区からの説明書で承知していたので、その先が知りたかったです。
基礎控除を含めてどの様な方法があるのでしょうか?
確定申告の書き方等が書かれた本やその専門分野への相談が必要でしょうか?以上です。
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.

ご返信いただきありがとうございます。

年収からの控除は基礎控除63万円のほか、あなたの配偶者控除38万円があります。

あなたが働きだせばベストなのでしょうか、奥様の収入から年末調整 でこれらの控除をすることによって所得税額を少なくすることができるほか、翌年の市民税・県民税を逓減することができます。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;速の返信を頂き有難う御座います。
基礎控除 扶養等の申告は過去に遡って既に済ませているので、何が出来るのか考えている訳です。
所得があるから納めるのは分かりますが、年間50万円の保険料は非常に厳しい現状です。
その辺をもっと踏み込んで教えて頂けませんでしょうか?以上です。
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.

ご返信いただき、ありがとうございます。

給与所得者のの場合、可処分所得が決まってきてしまうので、この点はどうしようもありません。

奥さんが副業で個人事業(ネットなどで)をして、必要経費を生み出す→所得が下がる→税金・社会保障料等が下がる、という方法はありますが、経費が出るということは、可処分所得が減る可能性が高いわけです。

あとは、あなたが定職に就くまで、扶養の範囲でアルバイトに出て生活費を稼ぐことしかありません。

dai60962000をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;朝から何度も色々と有難う御座いました。
確かに失職はしましたが、求職をしていて県外迄行っている次第です。
副業等の方法もあるでしょうが、不確実で不安定なので今は定職を早く考える時期と実感しています。本メールを最後にしたいと思います。
以上です。

保険・年金 についての関連する質問