JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業1999年 社会保険労務士登録(開業)
70981215
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

T社役員 鈴木と申します。 社長以下役員を含め従業員7人の同属企業で、74歳と69歳の役員がいます。

解決済みの質問:

T社役員 鈴木と申します。
社長以下役員を含め従業員7人の同属企業で、74歳と69歳の役員がいます。
75歳以下の従業員は厚生年金に入るよう通知が来ていますが、
1)①74歳の役員は75歳まで1年しかありませんが、加入しなければいけないでしょうか?
②加入しなかった場合、何か罰則はあるのでしょうか?
2)①69歳の役員が加入する場合、保険料は前年度の給与で決まるのでしょうか?
②報酬が300万の場合と180万の場合と保険料の差はどの位でしょうか?会社の報酬の
他に不動産収入など400万ほどありますが。
③保険料は会社と本人とが半分ずつ支払うということになりますか?
④また75歳になった時点で厚生年金を脱退するということで、保険料の支払いは75歳の
誕生月までですか?
⑤その後は国民保険に入るということになりますか?
お手数をお掛けしますが、よろしくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

ご質問ありがとうございます。

社会保険労務士の srlee ともうします。

75歳以下の従業員は厚生年金に入るよう通知が来ているが、おふたりの高齢者の役員に関して、疑問がおありということですね。

まず、一般の労働者と違って、役員の場合は必ずしも全員加入しなければならないわけではありません。

よく非常勤であれば加入しなくてもよい、などと言われていますが、それほど単純な話ではなく、報酬や会社の経営への関与のしかたを見て、総合的に判断されます。

判断の基準については、次のようなものです。

  1. 常勤か非常勤か
  2. 報酬の金額(極度に低くないか)
  3. 経営に携わっているか
  4. 役員会に出席しているか
  5. 従業員に対して指示をしたり、連絡をしたりするか

この基準については、法律でくわしく決まっているわけではなく、実態を見て年金事務所で判断しますので、まずは加入の必要があるかどうか、もよりの年金事務所にご確認ください。

加入の必要があるとして、ご質問に回答しますと、次のようになります。

1)①加入する必要があります。ただし、加入は健康保険だけで、厚生年金は70歳までですので、対象になりません。

②法律上は会社に対して罰則はありますが、実際には罰則の適用はめったにありません。

それよりも、加入日を現在の時点にするか、時効にかからない2年前に遡るか、ということが、実際上のペナルティになります。

すぐに加入すれば、遡るように言われることはまずありませんが、何度も拒否したりしていると、2年前に遡って強制適用になり、2年分の保険料を請求されます。

2)①保険料は、現在の給与で決まります。

②会社からもらっている給与以外の金額は、保険料に影響しません。

おっしゃっている報酬は月額ですか年額ですか?

月の報酬が605,000円以上の場合は、保険料は同じになります。

保険料料率は17.828% です。

くわしい金額は下にリンクした pdf をご覧ください。

http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-gaku/gakuhyo/20150731.files/0000029322XDcscLTTM3.pdf

③ご質問の通り、会社と本人で折半です。

④厚生年金の資格喪失は70歳です。保険料の支払いについてもう少し詳しくいうと、誕生日の前日の属する月の前月までです。

健康保険は75歳で資格喪失します。喪失するタイミングは、上記と同じです。

⑤75歳以上は、国民健康保険ではなく、後期高齢者医療保険になります。

回答は以上となります。

不明な点がありましたら返信してください。補足して説明します。

この回答が参考になりましたら評価をお願いします。

ありがとうございました。

専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

補足です。

千葉県の社会保険の料額表は下記になります。

厚生年金は全国一律ですが、健康保険は都道府県ごとに料率が異なっています。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/hokenryouritu/h28/ippan2/280212chiba.pdf

質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;速の回答、ありがとうございました。いくつか確認したいことがあります。
1)厚生年金は70歳までなら69歳の役員も加入しても1年間だけで退会になるのですね。
   退会すると健康保険の方は、後期高齢者までの間は国民健康保険に入ることになるのですね。
   この役員は取締役で常勤ですが、1年間だけなら入らなくとも問題ないように思いますがいかがでしょうか?
   厚生年金に入る義務がなければ、健康保険に入るんと国民健康保険に入のとどっちが有利かで決めれば
   いいのでしょうか?
2)報酬は年額です。保険料率は報酬額が変っても一定なのですね。
   国民健康保険などは前年度の報酬で決まった保険料が通知されてきますが、厚生年金保険料は、例えば
   H28年10月に給与改訂した場合は、10月分から改定後の給与×保険料率で払うことになるのでしょうか?
以上、よろしくお願い致します。
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

1)常勤取締役の方でしたら、法律上は強制加入で、加入させることは会社の義務です。

1年だけだからと加入しないことはできません。

また、この1年間にかけた厚生年金保険料は、その後の年金に反映されますので、掛け捨てになるわけではありません。

2)社会保険(健康保険+厚生年金保険)の保険料額の改定は、次のような方式で行います。

①算定基礎届:年に1回、4,5,6月の給与をもとにして、保険料額を決定

http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/hoshu/20141104-01.html

②月額変更届:固定的賃金に2等級以上の変動が合った場合、4ヶ月後から保険料を変更

http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/hoshu/20141104-02.html

回答は以上となります。

参考になりましたら評価をお願いいたします。

srleeをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.

プラス評価をいただき、まことにありがとうございます。

今後もお困りのことがありましたらご質問下さい。

できる限りお力になりたいと存じます。

保険・年金 についての関連する質問