JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業1999年 社会保険労務士登録(開業)
70981215
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

50代専業主婦です。 主人が65歳になったから私に国民年金納付書が届きました。

解決済みの質問:

50代専業主婦です。
主人が65歳になったから私に国民年金納付書が届きました。
会社員の主人は厚生年金を天引きされていますが、支払いをするべきなのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。社会保険労務士の srlee と申します。 ご主人が65歳になったら、いままで払ったことのない国民年金の納付書が届いたのだが、支払うべきか、というご質問ですね。突然納付書が届いて、不審に思われたこと、お察しいたします。 結論から申し上げますと、支払う必要があります。いままで、ご質問者様が国民年金保険料を納付せずにすんでいたのは、ご存知とは思いますが、国民年金の第3号被保険者になっていたからです。第3号被保険者は保険料納付が不要ですが、その分ご主人の厚生年金保険料が高くなっているわけではなく、金額は同じです。 第3号被保険者の要件は、「20歳以上60歳未満の方で第2号被保険者(厚生年金保険又は共済組合の加入者)に扶養されている人」と定められています。さらに扶養している配偶者(つまりご主人)のほうにも条件があり、「厚生年金保険又は共済組合に加入している人のうち、65歳未満の人及び65歳以上70歳未満で老齢基礎年金の受給資格を満たしていない人」となっています。 ご主人が65歳になり、年金をもらう資格がある(25年以上納付している)場合は、第3号被保険者から第1号被保険者になります。第1号被保険者は、自分で保険料を納付する必要があります。 納付しないでいると、将来の年金額が低くなるだけでなく、もし事故などで障害の状態になってしまったときに障害年金が出ないことにもなりかねませんので、納付するようにして下さい。 回答は以上です。不明な点がありましたらご返信下さい。補足してご説明します。この回答に参考になる点がありましたら、評価をお願いします。ありがとうございました。
srleeをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
プラス回答をいただき、まことにありがとうございます。今後もお困りのことがありましたら、ご質問下さい。できる限りお力になりたいと存じます。ありがとうございました。

保険・年金 についての関連する質問