JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業1999年 社会保険労務士登録(開業)
70981215
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

私は63才会社員です。今厚生年金保険年間支給額43万円ぐらい貰っています。 毎月のお給料を厚生年金保険をもらえるよ

解決済みの質問:

私は63才会社員です。今厚生年金保険年間支給額43万円ぐらい貰っています。
毎月のお給料を厚生年金保険をもらえるように21万円にしていますが、今年5月に
決算報酬が出る予定しているので、例えば100万円とか頂いたら、厚生年金保険は、
この1年間停止になるんですか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。社会保険労務士の slee と申します。 現在厚生年金をもらっているが、在職老齢年金のしくみで支給停止されないように、給与額を決めているのですね。5月に決算報酬が出る予定だが、年金はどの程度支給停止になるのか、というご質問でよろしいでしょうか。 在職老齢年金は、ご存知のように、総報酬月額相当額( 毎月の賃金(標準報酬月額)+1年間の賞与(標準賞与額)を12で割った額)と、基本月額(年金額の1ヶ月分)が基準になります。ですので、100万円の賞与が出たとしたら、その1/12の額(約83,000円)を、計算に入れます。標準賞与額は、その月以前1年間を遡って見ますので、向こう1年間、この賞与の額が影響します。 給与が21万円(交通費込み)だとしたら、標準報酬月額は22万円です。基本月額は約 35,000円ですので、支給停止額は次の計算式で出てきます。 (総報酬月額相当額(220,000円+83,000円)+基本月額(35,000円)-28万円)×1/2×12=348,000円月額にすると、29,000円が支給停止になります。 ご回答は以上となります。ご不明な点がありましたらご返信下さい。補足してご説明します。この回答に役に立つ点がありましたら、評価をお願いいたします。ありがとうございました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。 適切なご回答ありがとうございました。
大変解りやすいご説明をいただきまして、ありがとうございました。
決算報酬の額を、例えば半額などの数字にして計算式に当てはめておおよその支給停止額を
概算したいと思います。とても参考になりました。
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。お役に立ったようでうれしく思います。よろしければ、評価をお願いいたします。
srleeをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  srlee 返答済み 1 年 前.
プラス評価をいただき、まことにありがとうございます。今後もお困りのことがありましたら、ご質問下さい。できる限り、おカになりたいと存じます。ありがとうございました。

保険・年金 についての関連する質問