JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 489
経験:  都留文科大学卒業、企業に就職し経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

厚生年金 第3号被保険者

解決済みの質問:

厚生年金 第3号被保険者
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。国民年金の第3号被保険者に該当する要件は、「20歳以上60歳未満の方で第2号被保険者(厚生年金保険又は共済組合の加入者)に扶養されている人」と定められています。ご主人は64才ということなので、第3号保険者にはなれません。「障害等の怪我を負った場合」とありますが、障害基礎年金の受給 には、条件があります。①国民年金に加入している間に初診日があること(20歳前や、60才以上65歳未満(年金に加入していない期間)で、日本国内に住んでいる間に初診日があるときも含みます)②初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付または免除されていること③初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと一方国民年金の受給資格は、保険料を納めた期間、保険料を免除された期間を通算した期間が原則300か月以上あることが必要です。ご主人がどのようなお仕事をされてきたのか分かりませんが、まず国民年金の支払い記録を調べてみてはいかがでしょうか。
dai60962000をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問