JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 489
経験:  都留文科大学卒業、企業に就職し経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

2月末が保険の更新期でした。しかし、1月に救急車で病院に運ばれ、一時退院し2月23日に手術となり、29日に退院しまし

質問者の質問

2月末が保険の更新期でした。しかし、1月に救急車で病院に運ばれ、一時退院し2月23日に手術となり、29日に退院しました。去年の段階でその時の生命保険を見直しをしないこと2月末に解約することを相手方に伝えていました。しかし、現在保険をやめる手続きは中断しています。保険を解約後、1・2月分の生命保険の手術・入院保障の支払いをしてもらえるものでしょうか?このままで見直しをせずに生命保険を継続するとかなりの保険料が跳ね上がります。また、保険ファンド部分の金額が特約部分に充当される(?)らしいです。保険会社の求める病気についての診断書は3月末でなくてはできない予定です。できれば3月の保険料を支払わずにやめたいのですが、可能でしょうか?よろしくお教えください。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。逓増型の保険に加入されていたのですね。保険期間中に疾病になったのですから、保険金は支払われます。診断書は3月でも保険期間は2月末まであるのですから、問題ありません。「保険ファンド部分の金額が特約部分に充当される」というのは、解約返戻金相当金を今後の保険料に充当するということです。ただ保険料が上がることについて、他の保険にのりかえようとすると、既往歴がネックとなって入れない場合が想定されます。元保険の更新であれば、可能であると思われます。保険料は高くなりますが、無保険状態になる、保険料が高い制限付き の保険に入るより、現保険を継続されてはいかがでしょうか。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答いただきありがとうございます。実は解約すると決めてから私学教職員共済の生命保険に加入を昨年11月にしております。ただ、11月に気になるのは保険の申し込みをしたときは全く健康に問題なく、申し込んだのですが、保険の適用は3月からになります。この時点で病気になったことでこの保険の申し込みは無効になるのでしょうか?
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。保険の「責任開始日」というのは、「申し込み」 「診査」 「第一回の保険料の払い込み」が済んだ時点です。これらが全てクリアできていたら保障はされるはずです。これが 全て終わっているかご確認ください。

保険・年金 についての関連する質問