JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1380
経験:  中央大学法学部法律学科卒行政書士事務所・社会保険労務士事務所経営
62775484
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

66歳です、現在は中小企業勤務で給料と年金を満額受給しています。 来年から独立し個人起業を考えています。顧客も確保

質問者の質問

66歳です、現在は中小企業勤務で給料と年金を満額受給しています。
来年から独立し個人起業を考えています。顧客も確保できそうですが、収入が増えれば年金が減額されるのでは?と働き方が不安です、自宅を事務所にして妻を事務員として考えていますが、年金を貰いながら個人事業は可能ですか?ご相談したいです。費用も知りたい。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
>66歳です、現在は中小企業勤務で給料と年金を満額受給しています。
→厚生年金の受給額(年額)、年収予定額(年額)をお知らせくだい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
、来年度厚生年金年額約260万です、その他の来年度年収予定額は3社の顧問契約で1社年額約140万合計420万位になると思います。年金月46万円を超えてしまうと減額になると聞いていますので節税対策として、個人事務所設立で妻をパート事務員として業務を手伝ってもらいます。またパソコンや電話料等の経費は年額65万円以上を使えるようになるのかも分かりません、今までサラリーマンでしたので知識がなく、専門的な継続アドバイスをお願いしたいと思っています。
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
報酬月額=350,000円(4200,000÷12)、基本月額=216,666円として
(350,000+216,666-460,000)÷2×12
=53,333×12月←支給停止額
年金額
=216,666-53,333
=163,333←支給額
全額支給のためには、
報酬月額を240,000円以下にする必要があります。

保険・年金 についての関連する質問