JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1076
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。
72162474
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

今年11月に身体障害者2級を取得した54歳の会社員です。現在、腎機能障害で月1専門病院にかよっているのですが、日々の

質問者の質問

今年11月に身体障害者2級を取得した54歳の会社員です。現在、腎機能障害で月1専門病院にかよっているのですが、日々の仕事するにもすぐ疲れてしまい以前の様にこなすことが難しくなっています。
以前の持病もあり月に医療費が月に2万円を超えています。先生からは、将来人工透析することになると言われました。
将来、仕事ができなくなった場合の事を考えると経済的に不安を感じています。
これからどのような事をしていけば良いのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
保険・年金カテゴリの担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。
ご体調は大丈夫でしょうか。
お体大事になさってください。
将来、人工透析が必要となる状態となった場合、障害年金の受給の可能性があります。障害年金でも障害厚生年金の2級が認められれば金額が大きくなりますので経済的な助けとなります。障害厚生年金には1級、2級、3級があります。金額的には1級>2級>3級です。
なので、障害年金の受給を検討されると良いでしょう。社会保険労務士は障害年金の手続代行を行うことができます。
医療費の公的助成制度もあります。
人工透析となった場合、治療費が高額となりますが、加入している健康保険又は国民健康保険に特定疾病療養受領証の交付を申請すれば自己負担が1か月に1万円が上限(高額所得者は2万円となります。

保険・年金 についての関連する質問