JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

こんにちは。学校共済年金と厚生年金で月額約20万円を父が受給しておりましたが、他界しました。母が遺族共済年金を受け取

質問者の質問

こんにちは。学校共済年金と厚生年金で月額約20万円を父が受給しておりましたが、他界しました。母が遺族共済年金を受け取ることになると思いますが、母が受け取れる遺族共済年金は概算でいくらぐらいになるでしょうか?母は厚生年金を月額で7万くらい受給しております。母は74歳です。生活費用の仕送りを考えております。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
質問者: 返答済み 1 年 前.
訂正です。母の厚生年金は月額11万5000円位でした。
専門家:  houmu 返答済み 1 年 前.
10月以降、共済年金は厚生年金と統合されました。また、以下の計算上は、厚生年金と共済年金の区別はありませんので、単に厚生年金と記載します。 夫死亡後の厚生年金の額は次の3パターンからもっとも高額になる金額が支給されます。 ・妻本人の老齢厚生年金(従来通り)=11.5万円・夫の老齢厚生年金の3/4=15万円・夫の受けていた老齢厚生年金の1/2+妻本人の老齢厚生年金の1/2 =15.75万円 従って、3番目の金額が一番高いですから15.75万円の支給になります。なお、実際の内訳としては、本人の老齢厚生年金として11.5万円と、差額の4.25万円が遺族厚生年金として支給されることになります。なお、本人の老齢厚生年金として受給する11.5万円は雑所得として課税されますが、遺族厚生年金として受給する4.25万円は非課税になります。
houmuをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問