JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 498
経験:  都留文科大学卒業、企業に就職し経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

はじめまして三浦と申します、「平成28年分 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」がきまして記入してる途中ですが、現

解決済みの質問:

はじめまして三浦と申します、「平成28年分 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」がきまして記入してる途中ですが、現在私は無職で「厚生年金」を受給してます、私自身は妻の扶養に入ってます(保険等の関係で)、相談は私の母の事ですが現在近所の「特別養護老人ホーム」に入居しています、住所は訳あって以前住んでいた横浜です(入居するのには問題ありませんでした)、申告書に記入するにあたり私の扶養にする事は問題ないでしょうか、母自体年金を年間で36万円受け取っています、判りにくい質問内容で申し訳ありませんが回答お願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
奥様がまだ現役でいらっしゃるのですね。
36万円の収入であれば、所得は0円です。
申告書には住所を書く欄があると思いますが、異なっていても3親等以内の姻族(奥様にとってはそれに該当します)で、70歳以上であれば扶養とすることはできます。ただし生活費や生計費名目の「仕送り」がなされていることが条件になります。つまり生計が同一であるということです。
奥様が扶養者、あなたとお母さんが被扶養者として記載すればよいです。
28年分の申告書は、来年度の「見込み」を記載するもので、1月1日の現況をもとに源泉徴収されます。そして年末調整や確定申告で税額の調整が行われるのです。
今年度についても実態が「扶養」であれば、27年の年末調整や確定申告で扶養控除を受けられます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます、母は特養に入居していても扶養に入る事は可能なのでしょうか、それと私は健康保険の関係で妻の扶養に入っていますが厚生年金を受け取っていますこれは特に問題(受給額によっては無理とか)はないのでしょうか。2度手間の質問になってしまいますがお願いいたします。母は妻の扶養にするというのが一番いいのでしょうね。
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
あなたの国民年金を含めた年金収入が180万円以下なら健康保険の「扶養」に入れます。
税扶養については、雑所得を申告する必要が出てきますので、扶養控除が受けられません。(前回の説明であなたについて「税扶養」として記載してすみません)
雑所得については、下記国税庁のサイトをご確認ください。
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/03_1.htm
お母様につきましては、老人扶養親族として扶養控除が認められます。
dai60962000をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問