JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 495
経験:  都留文科大学卒業、企業に就職し経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

<前提> 当方の不注意で借りているアパートで火災を起こしてしまいました。 建て直しが必要な状態で、オーナー様も、ほかの住人も困っております。

解決済みの質問:

<前提> 当方の不注意で借りているアパートで火災を起こしてしまいました。 建て直しが必要な状態で、オーナー様も、ほかの住人も困っております。 当然当方も誠意を持って対応するつもりです。
<質問したいこと>「ハイパー家財」の補償内容について
避難時の民宿代や移動費について
<詳細>初回に保険会社に問合せ時には
「避難時のホテル代などを保険からお支払出来るか確認します」と言われました。
(ここで、お支払いの約束をしたわけではないことは理解できています。)
しかし後日保険会社に「ハイパー家財は"契約者様の家財の保障のみ"のお支払なので、宿泊代などは出せません」と言われました。
しかし、ハイパー家財の資料を見ると、
>事故時諸費用保険金
>事故発生時に臨時に発生する費用として損害保険金の30%(100万円が上限)をお支払いします。
>この費用保険金は、損害保険金が支払われる場合にお支払いします。
と書かれていて、避難費用はこれにかかるのでは?と思っています。
大きい会社なので仕方ないのかと思いますが、指摘をしても返答をいただくまでかなり人を経由したり時間がかかってしまい、こちらの負担も大きいです。
ここでの見解を教えていただければ幸いです。
また、保険会社は当方の契約書や資料すべて焼失していると思っているようで、不信な気持ちでおります。
どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  dai60962000 返答済み 1 年 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

ハイパー家財特約は「あいおいニッセイ同和損保」の共同住宅用の特約のようですね。

保険証や約款は再発行してもらえるので、まずは申請しましょう。

ハイパー家財特約の説明として、「火災をはじめとするさまざまな偶然な事故により、借用住宅に収容されている家財に発生した損害に対して保険金をお支払いいたします」とあります。

続いて「偶然な事故により発生した借用住宅の損害を家主との契約に基づき、または緊急的に自己の費用で修理した費用や、借家人が借用住宅の損壊などで家主に対して負担した法律上の損害賠償責任、または日常生活における法律上の損害賠償責任を負担したことによる損害も補償いたします」とあります。

この説明からすると、共同住宅の損壊による家主さんへの損害賠償および、他の入居者への損害、移転費用などの賠償には対応しているようです。

しかしご本人様への補償は「家財」のみのように読み取れ、質問者様の避難費用は含まれないようです。

なおこの見解は、同保険会社の見解によるものなので、詳しくは約款を読むことをお勧めします。

dai60962000をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問