JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1050
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。
72162474
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

こんにちは。ご助言をお願いします。 今年5月に就職しましたが急きょ家庭の事情で10月末で退職することになりました。

解決済みの質問:

こんにちは。ご助言をお願いします。
今年5月に就職しましたが急きょ家庭の事情で10月末で退職することになりました。有休は繰り越しができないので年度途中の場合は前倒しで有休を取れると説明がありましたので、今日までに7日取得済です。会社から6ヶ月の退職は問題があると言われました。事情で10月末の退職は変更できません。この退職の仕方の問題点を教えてください。取得済の有休や社会保険などの持ち出しがあるのか、11月末まで席だけおくことがよいのかなど教えてください。よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
保険・年金カテゴリの担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。
貴方と会社との労働契約が「期間の定めのない労働契約」であれば10月末に退職することができます。期間の定めのない労働契約とは6か月契約や1年契約のように期間を限定していない労働契約のことです。憲法22条で職業選択の自由が定められおり、退職は原則、自由にできます。
有給休暇が前倒しで与えられて既に取得している場合ですが、10月末で退職しても有給休暇を取得した分の賃金を返金する義務はありませんし、会社側からも給料から有給休暇を取得した分を控除することもできません。社会保険の持ち出しというのは意味が分かりませんでしたら、10月末の退職で問題がありません。既に加入している月の社会保険がさかのぼって取り消されることもありません。
また、10月末の退職であれば期間的に余裕をもっての退職の申出になりますからこの点についても問題ありません。民法では2週間前の申出で良いことになっています。
質問者: 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございました。再度質問させてください。労働契約は1年の定めがあります。また変わってくるのでしょうか。社会保険料は前月分を今月払っているので10月分は持ち出しだと言われました。よろしくお願いします。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
保険・年金カテゴリの担当の特定社会保険労務士です。
1年契約ですと「期間の定めのある労働契約」となります。この場合、1年働くことの契約なのですから原則的には中途で解約できないことになります。ただし、やむを得ない理由がある場合は中途でも解約可能です。
職場での精神的ダメージと家庭の事情があってやむを得ないと主張するしかないでしょう。
>社会保険料は前月分を今月払っているので10月分は持ち出しだと言われました。
→ 持ち出しの意味がやはり分かりませんが、10月末の退職であれば10月分までの社会保険料(会社と従業員で折半)を支払うことになります。持ち出しの意味を推測すると、10月分を翌月に支払うことになっているが10月で退職するのであれば10月中に支払ってくださいということかもしれません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
言葉が足りず解りにくくてすみません。
1年契約の場合は途中解約できないと解りました。ただ、精神的なダメージが理由ので退職は会社に伝えたくありません。家庭の事情を主張したいと考えています。繰り返しで申し訳ありませんが、初めの質問の前倒しで有休を所得した件はどうなるのでしょうか。社会保険の件は解りました。
専門家:  ekotae 返答済み 1 年 前.
保険・年金カテゴリの担当の特定社会保険労務士です。
有給休暇の件は同じになります。つまり、前倒しで与えられた分を返金する必要はありません。
やむを得ない理由についてですが、原則的には1年働くことになっていて、家庭の事情の内容にもよりますがそれだけでは裁判となったときにやむを得ない理由と認められない可能性があります。したがって、精神的なダメージについて会社に伝えるのは抵抗があるようですが、会社への説得や将来的に裁判となるかもしれないことを考慮しますと伝えておいたほうがより良いです。もし、家庭の事情のみで会社側が中途での退職を認めるのであればそれは問題ありません。
ekotaeをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問