JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 309
経験:  4年生大学卒業 平成15年社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

年金をもらっていますが、最近知り合いの会社社長が自分は引退したいので社長として後を 継いでくれないかと相談されまし

質問者の質問

年金をもらっていますが、最近知り合いの会社社長が自分は引退したいので社長として後を
継いでくれないかと相談されました。会社から給与をもらうと今受給している年金は支払い停止にはなりませんか?御教示願います。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  hiroumushi 返答済み 2 年 前.
こんにちは。回答いたします。会社の代表取締役になりますと社会保険に加入することになります。年金受給者が社会保険に加入しますと在職老齢年金の対象となり、月収+年金月額の金額によっては年金が支給停止となります。①月収+年金月額が47万円以上の場合は、年金が全額支給停止②月収+年金月額が47万円以下の場合は、(年金月額+月収-47万円)÷2の金額が支給停止となります。例えば、役員報酬30万円、年金月額10万円だった場合(10万円+30万円-47万円)÷2=35,000円が支給停止となります。
hiroumushiをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答有難うございます。現在年金が237,000円(月割り計算)ありますので社長の報酬として233,000円以下なら年金の支給停止にならないと言う事ですか? (237,000+233,000 - 470,000) x 1/2 =0 ??
質問者: 返答済み 2 年 前.
続きです。別の例として (年金 237,000+ 役員報酬 250,000-470,000) x 1/2 = 8,500が支給停止でしょうか?
専門家:  hiroumushi 返答済み 2 年 前.
その通りです。
質問者: 返答済み 2 年 前.
それでは最初に例示された計算式では答えがマイナス3.5万円になるので、支給停止にはならないのでは??
専門家:  hiroumushi 返答済み 2 年 前.
ごめんないさい。
計算式はあっていますが、例の年金月額と役員報酬が打ち間違えをしてしまいました。
正しくは年金月額14万円、役員報酬40万円の場合
(14万円+40万円-47万円)÷2=35,000円が支給停止となります。
大変失礼しました。
質問者: 返答済み 2 年 前.
自営業(個人事業主)の場合は受給年金と個人所得の関係はどうなるのですか?
専門家:  hiroumushi 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
個人事業主の場合は、健康・厚生年金保険に加入しないため、どんだけ所得があったとしても年金が支給停止になることはありません。

保険・年金 についての関連する質問