JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 45
経験:  業務経験23年の開業社会保険労務士です。
61543350
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

全労済トラブル

質問者の質問

全労済の医療保険に加入しました。

2015年2月区の婦人科検診を受ける。

その際小さいころから便秘症と下腹部にガスが溜まりおなかが痛くなることがあることを相談。残りの区の検診で大腸がんと胃がんの検診に行こうと思うとお話したらよい先生がいるから紹介状を書いてくださいました

3月16日にあくまでも区の検診が目的で紹介状を持って病院に出向く。

内科と外科に通され検便を持っていかないとその日は大腸がん検査はできないことが判明。

レントゲンと診察で多少便が溜まっているけど特に異常はなし。

以前も1度内視鏡で見てもらって安心できたので先生の空いている日時に検査の予約。

理由:病気だと思ったのではなくあくまで健康管理としての健康診断が目的。

区の検診は1000円くらいで見てもらえるのに対して、詳しい健康診断はかなりお金がかかり保険外の検査となるので今後のことも考え医療保険をし調べたところ、通院や手術や入院に手厚い保険があったので今後のことも考え3月24日に加入手続き申し込み。

2月に婦人科検診で異常なし、3月16日に区の検診で病院に行き検診をした旨28日位に異常がないことが分かっていたので異常なしという結果を質問書に

A、過去三か月以内に石の診察検査治療投薬を受けたことがあるに回答

B、女性の方への質問で過去5年の間に子宮頸がんの検査を受け異常ないことを回答。

その後保険に加入できたかの質問で全労済に連絡。

申し込み書のAとBについて追加告知について回答をしないと申し込みが進められないと返答あり。

書類到着後分からないところがあったので、全労済に連絡。

正直に2月の婦人科検診異常なし、区の検診についても28日に結果を聞きに行き異常がなかった旨を回答。

疑問:区の検診である残りの大腸がんと胃がんについて特に質問事項に無

区の検診は記入しなくてもよいのにもかかわ申し込み用紙に書く必要のないものまで記入したために2度目の質問表を求められたと回答あり。

安心して加入できたら検査を受けたいと希望。

24日の申し込みで26日より契約発効日とだと回答があったので、内視鏡の検査と区の胃がんの検査をを進めようと思いました。

16日に予約した日4月26以降ではありました。(たぶん28日)

26日に生理が来てしまったので電話でその旨を伝え

28日に健康診断の結果を聞きにいったついでに検査日を4月8日に変更をしてもらいました

4月8日に検査をして大腸ポリープがみつかり撤去して入院をしました。手術と入院にかなりのお金がかかったので全労済に請求。

5月13日提出し、なかなか返答がなかったので5月20日全労済に連絡

調査中と判明、何も問題なければ月末には振り込み予定、もし質問があれば連絡をするとの回答。

5月25日連絡ないまま解除通知が突然届く。

疑問があり全労済に確認、健康診断でも告知しないとならないとの回答。しなくてもいいと確認した旨伝える。

担当の方の説明が納得いかないので責任者の方と話す。

24日加入前の初診の16日付について病気の疑いがあるかもしれないのにと疑惑があるとの説明を受ける。

誤解である部分を説得

・16日には区の検診が目的で病院に行ったこと

・紹介状に書かれた下腹部については病気としてではないと説明する。

検査の予約をしていると加入できないとの回答あり

・追加告知書対して分からなかったから連絡をとり、区の健康診断は告知する必要がないと確認

・質問があれば電話をくれるはずだった

・病気で検査をうけたのではない。

・もともとが便秘症である

契約違反と疑われ保険解除になり困惑しています。

まるで病気を隠して加入をしたような疑い。初診の日付が3月16日だとだめだからと党利一遍で、タイミングが悪かったと言われ、掛け金を2か月分支払、診断書も7500円もかかり、入院、手術の代金も支払われないまま困っています

4月8日に検査する予約は初診の16日ではなく28日に取ったことも信じてもらえず、全労済の質問事項の説明に基づき加入手続きをしたのにこんなことになるのであれば、担当医に説明をして保険加入が24日で26日が契約発効日になるので病院を変更し、予約を入れる事もできたのに納得いきません。

不服申し立てができると聞きましたが、ニュアンスが伝わらないと微妙に保険屋さんの思うつぼになりかねないと思い、担当医に16日に初診では大腸ポリープのおもわれましたか?と質問しに行きました。

先生は、無とはっきり言ってくださいましたし、保険屋さんは払いたいくないから病院でも問題になるケースがあるとおっしゃっていました。

保険やさんと私と担当医と3人で話したほうが良いといってくださいました。

カルテの中身も開示する承諾書が送られていましたがここまでしないといけないのでしょうか? 全労済の担当者がこだわる初診日についてと診察、検査の予約も加入断りの条件だというのは本当なのか?助けてください。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 保険・年金

保険・年金 についての関連する質問