JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 488
経験:  都留文科大学卒業、企業に就職し経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

65歳になり 在職してます。給与月28万です。税込で22万位です。 今度基礎年金等もらえることになります。収入が

解決済みの質問:

65歳になり 在職してます。給与月28万です。税込で22万位です。
今度基礎年金等もらえることになります。収入が倍以上になりそうですが
税金福利厚生費等はどうなりますか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
65歳以上の場合、基本月額(年金額を12で割った額)と総報酬月額相当額の合計が46万円以下の場合、年金の支給調整はされません。超える場合は一定の数式に当てはめて減額されることになります。
所得税について、給与はこれまでどおり源泉徴収されます。年金も一定の控除後に5.105%源泉徴収されていますが、確定申告で「雑所得」として申告することになります。(公的年金の雑所得以外の収入が20万円を超える場合は、申告が必要です)
福利厚生費の意味合いはよく分かりませんので、返信機能を使ってもう少し詳しく説明していただけると幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速の回答 ありがとうございます。年金以外の所得とは 株とか信託

利益と思いますが 年間20万円ですか?福利厚生とは 65歳で妻の第3号

資格がはずれるとききました。妻57歳で 3年あります。無収入なので

私が 払う事になりますが 年金又は会社の給与から控除できますか?

それと 申告ですが  給与は会社で 年金のみ個人で申告でよろしい

のでしょうか?退職した時に 住民税 一年分 を払い

年金部分は それ以後個人で申告した部分を払っていくでよろしいですか?

専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
国民年金の払込期間は基本60才までで、第3号保険者でもなくなります。
それまでの間は保険料を支払うことになりますが、年末調整や確定申告の「社会保険料控除」で控除されます。
確定申告についてですが、株や投資信託は源泉分離課税ですので、「源泉徴収あり」を選択していれば、20万円以上の収入があっても確定申告の必要はありませんが、3年間の損益通算を利用するのであれば申告して下さい。20万円の収入とは、公的年金以外の年金収入、農業や事業、不動産所得などがある場合です。
前述の通り国民年金保険料は会社の年末調整で、公的年金以外の収入は確定申告となります。
退職後の住民税は退職年の所得に応じて課税されます。なお退職金についての住民税は退職所得申告書を提出した時点で天引きされていますので(退職所得は控除額が大きいので、課税されないこともあります)翌年の住民税には反映されません。
dai60962000をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問