JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 489
経験:  都留文科大学卒業、企業に就職し経験を積む。22年行政書士事務所開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

私は65歳で本年から満額年金を受給しますが、妻が先日亡くなり若いころ地方公務員を十数年 やっていて、結婚後も途中ブ

解決済みの質問:

私は65歳で本年から満額年金を受給しますが、妻が先日亡くなり若いころ地方公務員を十数年
やっていて、結婚後も途中ブランクはありますが仕事をして厚生年金の保険料をかけていました。
共済組合に問い合わせしましたところ、妻の遺族年金が受けられるそうですが、私の年金(年間
240万円)との受給調整がなされるとのこと。遺族年金は何かの条件でただちに支給停止となり、
廃止されるとのことですが、どういった場合に起こるのでしょうか?妻の相続人としての未支給年金
を一時金として受け取る選択肢もあるそうですが、どちらが有利でしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

現在の年金制度では一人一年金が原則とされています。
したがって、2つ以上の年金を受けることができることになった場合には、いずれか1つの年金を選択して受けることになり、他方の年金は支給停止となります。これを「併給調整」といいます。

ただし65歳以上で遺族共済年金と退職共済年金を受給している場合は、自身の退職共済年金を優先的に支給し、差額(遺族共済年金と基本額退職共済年金)とがあればその差額を遺族共済年金として支給することになっています。

未支給分の一括受取は、2ヶ月の未支給分を受け取れるだけなので、当然の権利と言えます。

差額は遺族年金の支給額にもよりますが、上回る場合は支給されるはずです。

どちらかを選択という話ではないはずです。

一度年金事務所に出向いて、しっかりお話を聞いて、試算してもらうべきでしょう。

dai60962000をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問