JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AFP01に今すぐ質問する
AFP01
AFP01, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 60
経験:  1990年3月駒澤大学卒業。中学校教員退職後、士業を志し、2012年11月にAFP登録。
73400448
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
AFP01がオンラインで質問受付中

国民健康保険料は自治体により異なり、又世帯ベースで世帯主に請求される(世帯の被保険者全員の所得・人員等の合計で)認識

解決済みの質問:

国民健康保険料は自治体により異なり、又世帯ベースで世帯主に請求される(世帯の被保険者全員の所得・人員等の合計で)認識していますが、世帯及び世帯主とは住民票ベースと判断して良いのでしょうか。夫婦が別居(住民票も別)していた場合、それぞれが世帯主としてそれぞれの自治体で国保加入・支払い処理をしなければならないのだと思いますが、夫には所得があり、妻には所得が無い場合、妻(子供も同居)には軽減措置は適用されるのでしょうか。国保には扶養という概念が無いとありますが、所得見合い分は夫が支払うわけですし、世帯としては2世帯となるはずですので、妻の世帯としては軽減措置が適用されて当然ではないかと思います。世帯・世帯主の判断基準及び軽減措置の適用基準は良く分かりません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/honen/guide/hokenzei/z-keisan.html

上記を見つけました。どこも同じであると思いますが、直接確認されるのが一番よいでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

 

何の回答にもなっていない。

世帯・世帯主の判断基準は?住民票ベースだとすればその所得の判断は?

 

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

再投稿:回答が不完全.

最初、二回目の質問通りですが、国保料算定の基準・内容の内、世帯・世帯主の判断基準が知りたいのです。どこの資料等でも記述内容が同じですが、別居家族(住民票も)の場合、扶養関係とは別に2世帯として国保に加入・料金算定されるはずですが、扶養されている世帯の所得は無いものとして算定されると判断して良いのでしょうか(住民票ベースの世帯主の所得はない)。

専門家:  AFP01 返答済み 3 年 前.
 はじめまして。AFP01です。はじめに書かれた方が撤収してから12時間経ちましたので、代りました。前任の相談員から御希望の回答が得られておらぬご様子ですので、私が市税に携わった経験からお答えできる範囲で書かせていただきます。

 まず、住民票上で世帯が分離されているかどうかを確認する必要がありますが、お書きの様子だと、大阪市と守口市に分かれてすんでそれぞれに住民票があるということでよろしいでしょうか。それならばそれほど難しいことではありませんで、一般に、ご主人と奥様が現在全く別々の世帯でそれぞれに生計があるのであれば、それに沿った形で課税がなされるのが通例です。
 
 といいますのも、私の知り合いに夫婦で年金収入のみの人に実際にシングルマザー同様の娘が子どもと一緒に同居扱いになったために、急に国保税が高くなった人がいるんです。これは同じ住所に同居してきたために起こったことなんですね。その人はその後同居している中で世帯分離を行い、娘とその子の課税状況は変わりました。

 社会保険の健康保険と異なり、市町村における国保税については、同居する全ての人が扶養者ではなく、被保険者です。そして、その合計額を世帯主が支払う仕組みなんですね。
 ところが相談者様はこれから社会保険の被保険者でなくなられる上、奥様は外の市町村に別居して生計を共にされているのですから奥様に対する課税は奥様の住民票を管轄する市町村において行うことになる、これが現行の国民健康保険です。

 世帯主であるかどうかは住民票に書かれていることであり、あくまで住民票が基準となります。御納得いただけましたなら、評価の方をお願いいたします。
AFP01, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 60
経験: 1990年3月駒澤大学卒業。中学校教員退職後、士業を志し、2012年11月にAFP登録。
AFP01をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問