JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 748
経験:  独立系FP事務所
62985828
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

事情により、ここ数年ホテル住まいをしています。ホテル住まいでも、その地区に住民登録をして、住民票を発行して貰い、健康

質問者の質問

事情により、ここ数年ホテル住まいをしています。ホテル住まいでも、その地区に住民登録をして、住民票を発行して貰い、健康保険証を貰うことは可能でしょうか。現在、介護保険料、国民健康保険料は以前の住所地に支払っていますが、その住民登録が使えなくなってしまいそうなのです。というのは、その住所地に住んでいないとみなされるので。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
住所については民法第22条に規定があり、「生活の本拠」を住所とするとされていますので、そこが生活の本拠でありさえすればホテルであっても住民登録することは可能であり、数年間ホテル住まいで他に住居といえるところをお持ちでないのであれば、ホテルが「生活の本拠」と言えるでしょう。

したがって、通常通りホテルの住所への転出届・転入届を各区役所に提出すれば良いです。
転出先がホテルであるとあえて言う必要はなく、住所の記載にホテル名等を入れなければ特に何も言われないと思いますが、もしホテルであることが知られて住民登録できないなどと言われてしまった場合は、ホテルがご自身の生活の本拠である事情を伝え、拒否することはできないはずだと強く要求してみてください。

●民法
(住所)
第二十二条  各人の生活の本拠をその者の住所とする。
AEをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご回答ありがとうございました。大変明快でよく分かりましたので、役所に相談してみます。

専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
どういたしまして。
無事に解決するようお祈りいたします。

保険・年金 についての関連する質問