JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hirocchiに今すぐ質問する
hirocchi
hirocchi, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 11
経験:  約50社の保険を取り扱う代理店として活動。 個人の生命保険・医療保険に特化しています。 氾濫する情報に振り回されてしまっていませんか?腑に落ちる考え方を提供しています。
70535243
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
hirocchiがオンラインで質問受付中

確定拠出年金を導入している会社の社員です。 現在一番手数料の安価なTOPIXに連動しているファンドとMSCI-KO

質問者の質問

確定拠出年金を導入している会社の社員です。
現在一番手数料の安価なTOPIXに連動しているファンドとMSCI-KOKUSAIに連動しているファンド及び日本債券のファンドと外国債券で運用するファンドの4つのファンドを購入しています。
先日会社の先輩より確定拠出年金においても、ファンドがある程度値上がりしたら売却してDCの定期預金等へ移して利益を積み上げたほうが良いといわれました。
今までは株価が高くなってきたら債券への積立金額を増やしたり、株価が下がれば日本や外国株のファンドの積立金額を上げたりと積立比率の変更しかしたことがないのですが、DCの運用はどのようにしていくのが正しいのでしょうか。
ご教示ください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  hirocchi 返答済み 3 年 前.
運用手法に絶対の正解というものはありません。
基本的にはあなたのやり方が資産を積極的に増やすためには効果的です。
先輩のやり方は退職年齢が近くてあまりリスクを取りたくない、増えた分を減らしたくない場合のスタイルですね。
どちらも間違ってはいませんよ。
hirocchiをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございました。


専門家のお墨付きがいただけて安心しました。


日ごろ仕事に追われ、あまり運用状況を確認することもできないのですが、現在の運用方法で当面の間問題ないとのことであれば安心です。


ご指摘のとおり、定年が近くなってきたら利益を確定させていくのも理にかなっていると思います。

専門家:  hirocchi 返答済み 3 年 前.
お力になれたようで光栄です^^
我々にとって、お客様にかけられてうれしい言葉として、
「参考になりました」「よくわかりました」
というもの以外に、
「安心しました」という言葉もとてもうれしいんですよね。
よくわかったうえに不安が拭い去られたなら幸いです。
また何かありましたらご質問ください。

保険・年金 についての関連する質問