JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 309
経験:  4年生大学卒業 平成15年社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

こんにちは。 私の父と母の年金について相談なのですが、 父は厚生年金、母は国民年金 両方昭和23年生まれ、父が

解決済みの質問:

こんにちは。
私の父と母の年金について相談なのですが、
父は厚生年金、母は国民年金
両方昭和23年生まれ、父が8月母が9月なのですが、
母が私に
「お母さん達同級生だったから、4万円くらい少なくなっちゃったのよ。年齢が同じ年って損よね。」
と言ってきたのです。
とても気になりネットで調べたりしてみたのですが、理由がわからないままなので、聞いてみました。
どういうことでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  hiroumushi 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
回答いたします。

具体的には貴方の両親の年金証書や記録などの詳細なことを聞いてみなければはっきりしたことは言えませんが、おそらく加給年金と振替加算のことだと思われます。

加給年金とは夫(妻)が特別支給の老齢厚生年金の定額部分が支給される場合に65歳未満の生計を維持する者(扶養する者と思ってください)がいれば、一定額が加給年金として支給されるというものです。

また、振替加算は加給年金の対象になっている人が65歳になると加給年金が支給されなくなり、一定額がその分振替加算として支給されるようになります。

夫婦の年金は非常に複雑なので、少しの情報でははっきりした回答をできませんが、お母さんが言っている年金が少なくなったというのは加給年金と振替加算のことであると考えます。
hiroumushiをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問