JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1076
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。
72162474
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

現在30歳で17歳の頃から精神科・心療内科にかかっています 今は既婚で娘が1人いますが、私が働かなくてはいけない経

解決済みの質問:

現在30歳で17歳の頃から精神科・ 心療内科にかかっています
今は既婚で娘が1人いますが、私が働かなくてはいけない経済状況です
アルバイトはしているのですが、急に起こる発作的な症状のせいで
会社からNGを出されたり、居にくくなって自分から退職したりと労働が安定しません

医師からは「情緒不安定性人格障害」と言われています

障害者年金のことを友人から聞いたのですが、受給は可能でしょうか?
初診日は病院に確認し、証明書をもらえることになっています

アドバイスが欲しいのでよろしくお願いします
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

保険・年金カテゴリの担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

人格障害は原則として、認定の対象となりませんが、そこで受給できないとあきらめるのは良くありません。

 

人格障害でも精神病の病態を示していると認められれば障害年金を受給できる可能性があります。したがって、回答は情緒不安定性人格障害でも「障害年金を受給できる可能性があります」となります。

 

障害年金の申請の場合、初診日の証明ができなくてもらえないケースもかなりありますが、その点、貴方の場合は証明をもらえるとのことで、良かったです。

 

障害年金の受給には審査があります。この審査によって、支給or不支給、支給される場合は等級が決まります。等級によってもらえる金額が違います。審査に通るには医師が所定の診断書にどのように書いてくれるかが重要です。病名を書いてもらえばいいというものではございません。極端なことを言えば、同じ症状の方が2人いたとしても、医師の書き方により、Aさんは障害年金をもらえたけど、Bさんはもらえなかったということがあるのです。

 

そのため、障害年金の申請をお考えでしたら、社会保険労務士に手続きの代行を依頼されることをおすすめいたします。社会保険労務士 は国家資格であり、障害年金の本人に代わって、代行手続きをすることが認められています。誰でも手続きの代行ができるわけではありません。社会保険労務士に代行を依頼すれば、診断書の書き方について、医師にアドバイスをしてくれたり、場合によっては病院に同行して主治医に会って説明してくれます。医師は病気を治す専門家ですが、障害年金申請の専門家ではないので、社会保険労務士のアドバイスがあったほうが良い結果になりやすいです。

(なお、ジャストアンサーのルールにより、専門家を紹介することは禁じられています)

 

社会保険労務士に手続き代行を依頼したほうが受給できる可能性は上がると思います。もちろん、依頼すれば必ず受給できるというものではありません。あくまでも可能性が上がるということです。

 

手続きは本人だけですることも可能です。その場合は、年金事務所に行って必要書類をもらってください。

 

質問者: 返答済み 4 年 前.


回答ありがとうございます


 


専門家に依頼をするとなると、おおまかにどのくらいの費用が必要になるのでしょうか?


 


昨日、年金事務所に電話をして相談をしました


「1度、事務所に来ていただいて詳しくお話を聞いて必要書類などをお渡しします」と言われました


さらっと手続きの概容を聞いたのですが、確かに自分で全てをやり終えるのは難しいな・・・と感じました


 


ですが、前述したように経済的な余裕がなく専門家に依頼しても費用が払えるのかという点が不安です


 


明日、病院なので担当医に聞いてみようと思うのですが


「障害者年金を受けたい」


と、ストレートに聞いてもいいものなのでしょうか?


 

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

保険・年金カテゴリの担当の特定社会保険労務士です。

 

お返事ありがとうございます。

 

費用については、各社会保険労務士事務所で異なるのですが、ほとんどのところが、障害年金の手続き代行については成功報酬で行っています。成功報酬とは障害年金が受給できたら、その受給額の一定割合を頂き、受給できなければ費用は頂かないというものです。つまり、依頼する側からすれば、お金だけかかって受給できなかったということがないので安心です。

 

成功報酬の割合は各社会保険労務士事務所によって違います。「成功すれば年金額の2か月分」とかが多いように思います。着手金として1万円ほどかかる社会保険労務士事務所もあります。この着手金は、社会保険労務士事務所側からすれば、郵送費用や通話料などの実費として頂くものという感覚です。着手金が0円のところも数多くあります。そのような社会保険労務士事務所では、成功しなければ赤字覚悟で行っていることになります。

 

病院の担当医にストレートに言っていただいて構いません。

もしかして、担当医が「障害年金はもらえないよ」と言ってくるかもしれません。でも、先の回答でもふれましたが、お医者さんは障害年金手続きのプロではなく、お医者さんがもらえないと言っても、もらえる場合があります。なので、そのように言われた場合でも、依頼を考えている社会保険労務士に相談されたほうが良いです。

ekotaeをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問