JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AFP01に今すぐ質問する
AFP01
AFP01, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 60
経験:  1990年3月駒澤大学卒業。中学校教員退職後、士業を志し、2012年11月にAFP登録。
73400448
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
AFP01がオンラインで質問受付中

現在、42才、男性です、いろいろ事情があり、障害者年金2級(精神障害)をもらっています、警備員として働いていますが、

解決済みの質問:

現在、42才、男性です、いろいろ事情があり、障害者年金2級(精神障害 )をもらっています、警備員として働いていますが、社会保険、厚生年金等加入すると、会社側に、(税金等)で、わかってしまうのでは、不安です。仕事が仕事だけに、会社には知られたくないのと、他に、警備員厚生年金基金など年金基金に加入できるのでしょうか?自分も損はしたくないので、障害者年金のほうは、変わらずもらいたいです、ただ、年をとった時が不安(月、6万5千円、じゃ暮らせない)、何か、障害者年金をもらいながら将来困らない、保険や年金の掛け方はないでしょうか? よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  AFP01 返答済み 4 年 前.

 年金アドバイザー・2級ファイナンシャルプランナー・AFP登録者のAFP01です。

 障害基礎年金を受給しているからと言って恥じることはありませんよ。御客様はなりたくてなったわけではないですからね。一人の労働者として会社に対して労務を提供できる状態であれば、解雇をおそれることはありません。そのようなことを理由に解雇を行うのは労働基準法で明確に禁止されています。解雇権の乱用法理といって、絶対に認められません。

 

 むしろ、会社にとっては障害者を雇っているのだから、補助金などの面でもメリットの方があるはずです。この4月から施行されましたが、障害者雇用促進法では労働 者50人に1人の障害者を雇うように法改正がなされました。相談者様が精神障害のために2級の認定をされているのであれば、むしろその中に含めることができるので会社にとってよいことなのです。従業員が200人以上の雇用主の場合は障害者雇用納付金をハローワークに支払わねばならないので、1人でも多くの障害者を雇用しておくことがむしろ雇用主のメリットとなるのです。

 

 さて、年金の件ですが、警備員年金基金は厚生年金基金の一種ですね。これは個人ではなく、会社が加入するので、その社員であれば当然に加入員となります。逆に言うと、社員でない人は加入できないので、障害者であることを隠したままというのは無理だとお考えください、むしろ先に説明したとおり、労務が提供できるのであれば会社があなたを解雇する理由にはなりません。

 

 仮に会社が企業年金に加入していなくても、厚生年金の被保険者であれば、最低でも確定拠出年金の個人型年金を自分で加入することが可能です。私も個人型年金で毎月23000円ずつ払っており、年末調整ではその全額を小規模企業掛金等控除で税額控除しています。

 

 ところで御客様は少々勘違いをされていらっしゃるようですが、障害基礎年金は今後症状が自然に快方に向かい、障害等級を外れることになれば、一度は認定が取り消され、支給を停止されることになります。だからといって悪いままにしておくことは認められませんので、自分で悪化させたりはしないでください、その点は労災も同様ですので注意しておきます。まあ、今現在2級ということは、将来また2級に該当することもあると思うので、その時はまた支給される可能性があるとも言っておきましょう(65歳を過ぎてからはだめですが)。

 

 ちなみに、現状のまま65歳になられた場合、老齢厚生年金と障害基礎年金の併給が可能になります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 わかりやすさを信条にできるだけ簡単に書かせていただいています。評価の方もお願いいたします。

AFP01をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問