JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1537
経験:  大学卒業後、地方銀行11年、大手建機メーカー本社経理部2年勤務。現在は社会保険労務士事務所代表。
66125890
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

57歳で体調不良により37年勤めた会社を早期退職しました、その時に退職金を退職時に50%、60歳で残りの50%を受け

解決済みの質問:

57歳で体調不良により37年勤めた会社を早期退職しました、その時に退職金を退職時に50%、60歳で残りの50%を受け取るようにしましたが、妻の話によると退職金とは別に企業年金もあるんじゃないのとの事、私の記憶違いか忘れているのか、退社時にはそのような話はなかったような気がするのですが、退職金と企業年金とは違うものなのですか?、別なものだとしたら特別な手続きがあるのですか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

早速回答させていただきます。

 

 

退職金とは会社が任意で行う制度です。つまり退職金のない会社も多数存在するわけです。ご相談者様がお勤めになった会社は退職金制度があったため支給を受けることができたわけです。

退職金は労働者と会社の間だけの制度であり、その他第三者は一切関係がありません。

 

 

企業年金とは厚生年金や国民年金とは異なり、厚生年金基金など年金の上乗せとして加入するものです。ですので加入していない会社ももちろん存在します。退職金とは全くの別物です。

企業年金に加入していたのであれば、給与明細で厚生年金などの他に、厚生年金基金等として天引きされていたはずです。そして基金の加入証があるはずです。基金に加入していてそれを受給するのであれば、その基金に手続きの書類を送ってくれるよう依頼する必要があります。そして取り寄せた書類に記入や署名捺印をして返送します。

 

①給与明細に「厚生年金基金」などの天引き項目があったか

②基金に加入していたか、会社に確認する

という行動を取られないと、企業年金に加入していたかどうかはわかりません。至急、会社に確認されることをお勧めいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

 企業年金連合会のサイトで年金手帳の基礎年金番号を入力すると、企業年金に登録されているかわかるものがあるのですが、妻のものを入力すると登録されていますと出ますが、私のものでは登録なしと出ます、これはどういうことなのでしょうか?。ちなみに妻は10年ほどで退社しています。働いている年数も関係するのでしょうか?。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談者様と奥様は同じ会社に勤められていたのでしょうか?

先の回答で申し上げました通り、勤めていた会社が企業年金に加入していたかどうか、です。

勤めていた会社が企業年金に加入していなければ、そこに勤務していた労働者も企業年金には加入していない、ということになります。

質問者: 返答済み 4 年 前.

質問内容に不足がありましたようで申し訳ありません、妻と私は同じ会社に勤務していまして違いといえば勤務年数程度です、そこで勤務年数で違いが出るのでしょうかと質問したのですが。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.
同じ会社であれば、ご相談者様も加入されているはずです。勤続年数に関係なく、積み立てた分は支給を受けられます。
給与明細は確認されましたか?
「企業年金の手続きはどうなっている?」と会社にご確認下さい。
質問者: 返答済み 4 年 前.

判りやすい回答をありがとうございます、最後にもう一つお願いいたします、給料の明細を見ましたところ、厚生年金保険料と厚生年金基金保険料という項目がありました、この厚生年金基金保険料というのがそうでしょうか?。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

その通りです。

厚生年金基金保険料が給与から天引きされていたのであれば、ご相談者様は企業年金(厚生年金基金)に加入していた、ということになります。

会社に対して基金の手続きを要求して下さい。

sr_hossyをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問