JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1048
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。
72162474
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

インフルエンザ対応について教えてください。 私は、公立保育園で臨時保育士をしています。 インフルエンザが流行

解決済みの質問:

インフルエンザ対応について教えてください。

私は、公立保育園で臨時保育士をしています。
インフルエンザが流行る時期となり、役場より、家族にインフルエンザ患者が出た場合 自分が発症していない場合でも自宅待機(出勤停止)と言われました。正規職員は特別休暇扱い。嘱 託職員と臨時職員は、年次休暇、または無給休暇ということでした。
感染症予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に基づくものらしいですが、インフルエンザは出勤停止に当てはまらず、納得がいきません。
再度、所属長を通じて総務課に問い合わせてもらいましたが、同じ回答でした。
先週、家族が次々にインフルエンザにかかり、結局6日間休みました。私は、年次休暇がありましたが、臨時職員は年次休暇も少ないので 無給休暇になる人も多いです。
賃金補償は、してもらえないんでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

保険・年金カテゴリの担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

まず、新型インフルエンザと季節性インフルエンザとで分けて考えなければいけません。

 

新型インフルエンザの時は次のような取扱となります。

 

家族がインフルエンザでも本人は発症していなければ職務の継続が可能です。職務の継続が可能である労働者を使用者の自主的判断で休業させる場合には、一般的に「使用者の責に帰すべき事由による休業」に当たり、最低でも休業手当(賃金の60%)を支払う必要があります。

 

ただし、大規模な集団感染が疑われるケースなどで保健所等の指導により休業させる場合については、一般的には「使用者の責に帰すべき事由による休業」には該当しないと考えられますので、休業手当を支払う必要はありません。

 

 

季節性インフルエンザの場合は、家族がインフルエンザで本人が発症していなければ、休ませる場合、賃金の全額の支払いが必要です。

 

なお、数年前の新型インフルエンザは今は季節性インフルエンザとして取り扱われています。

質問者: 返答済み 4 年 前.

「感染症予防…法」 「民法」 「労働基準法」 どう説明すればわかってもらえるのでしょうか?
違法だということを理解してもらえないんですが…

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

保険・年金カテゴリの担当の特定社会保険労務士です。

 

相手の理解力がどれくらいのものか私からは分からないのでどう説明すればわかってもらえるかとご質問を受けても困惑します。口頭ではなく文書のほうが分かってもらいやすいでしょう。

 

あるいは、相手側は払わなくて良いと思っているのでしたら、その根拠を相手に文書で提示してもらうと良いでしょう。理由があって払わなくて良いと思っているのですから、その理由を書いてもらうのです。

 

その他の方法としては、労働基準監督署に賃金未払いとして申告するかです。労働基準監督署を利用する場合、「相談」では動いてくれません。申告である必要があります。

質問者: 返答済み 4 年 前.

すみません、相手の理解力…そうですね。


役場の総務課ですから、いろんな事を調べた上での通達だと思いたいんですが…。


「労働基準法に違反してませんか?」など、言ってみたのですが回答が変わらなかった為、公務員には特別な法律があるのか…と思い。気になりました。


このメールのやり取りを提出してみます。


それでも変わらないようであれば、賃金未払いで申告するしかないのですね。


 

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

保険・年金カテゴリの担当の特定社会保険労務士です。

 

参考までに主張の根拠となる条文は次となります。

 

●労働基準法第二十六条

使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該

労働者に、その平均賃金の100分の60以上の手当を支払わなければならない。

 

●民法536条2項)
「債権者の責めに帰すべき事由によって債務を履行することができなくなったときは、債務者は、反対給付を受ける権利を失わない」

 

 

特別な法律があるのかどうかは相手側に書面で提示してもらうのが手っ取り早いと思います。そして、仮になんらかのことを書いてきたらそれが本当に正しいかどうかの検証ということになると思います。

 

ekotaeをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問