JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1537
経験:  大学卒業後、地方銀行11年、大手建機メーカー本社経理部2年勤務。現在は社会保険労務士事務所代表。
66125890
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届 記入について教えてください。 現在新しい会社の立ち上げ段階で、未経験の

解決済みの質問:

健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届 記入について教えてください。
現在新しい会社の立ち上げ段階で、未経験の人間が事務を担当しています。

①「種別(性別)」欄について。
厚生年金基金の加入員であるかないかは、どうやって分かるのですか。

②「取得区分」欄について。
初めて厚生年金保険の被保険者になるとか、再度であるとか、また共済組合から出 向した職員であるとか、どのようにして判断するのでしょうか。

③「基礎年金番号」欄について。
 預った年金手帳を見ますと(オレンジ)、表紙をめくったその裏に「基礎年金番号通知書」が張られている方についてはその番号を記入するものだと勝手に認識しておりますが、これで正しいですか。
 また、この「基礎年金番号通知書」がない方もいらして、手帳1ページ目をめくったら、「厚生年金保険」欄にも「国民年金保険」欄にもそれぞれ別の番号が記載されています。と同時に、どちらにも「基礎年金番号」という印が押されています。どの番号をかいたらいいのでしょうか。

以上3点についてです。
全くの素人です。
お力貸していただけたら本当にありがたいです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

加入手続きの実務について回答させていただきます。

 

 

①「種別(性別)」欄について。
厚生年金基金の加入員であるかないかは、どうやって分かるのですか。

②「取得区分」欄について。
初めて厚生年金保険の被保険者になるとか、再度であるとか、また共済組合から出 向した職員であるとか、どのようにして判断するのでしょうか。

 

→労働者ご本人にご確認ください。会社が個々の労働者の個人情報を調査することはできません。個人情報の問題もありますので。ですので、労働者に自己申告させてください。。

取得区分については以前の会社で厚生年金に入っていたかどうかは労働者はわかっているはずです。そして共済組合とは公務員ですので、職歴に公務員経験がある労働者に該当者は絞られます。

ただし公務員がご相談者様の会社に出向してくるわけでないのなら「共3」は関係ありません。船員さんでもないのなら「新1」か「再2」のどちらかに限られます。

 

 

③「基礎年金番号」欄について。
 預った年金手帳を見ますと(オレンジ)、表紙をめくったその裏に「基礎年金番号通知書」が張られている方についてはその番号を記入するものだと勝手に認識しておりますが、これで正しいですか。

 

→基礎年金番号通知書が貼られているようでしたら、その番号を記入すれば大丈夫です。

 


 また、この「基礎年金番号通知書」がない方もいらして、手帳1ページ目をめくったら、「厚生年金保険」欄にも「国民年金保険」欄にもそれぞれ別の番号が記載されています。と同時に、どちらにも「基礎年金番号」という印が押されています。どの番号をかいたらいいのでしょうか。

 

→年金手帳に2つの番号が書かれているのであればそれは旧の番号です。それを1つの番号に統一して基礎年金番号通知書が発行されております。それが添付されていないとなると別途調べる必要があります。

労働者へは年に1回、誕生月に「ねんきん定期便」が郵送されており、そこに基礎年金番号が記載されておりますので、確認させてください。もしくは最近まで国民年金に加入している方であれば、国民年金の納付書に記載されています。

ねんきん定期便を破棄してしまいわからない、国民年金の納付書もない、という場合にはやむを得ません。労働者本人から年金事務所へ確認させてください。

sr_hossyをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問