JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rf1035050に今すぐ質問する
rf1035050
rf1035050, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 30
経験:  保険・年金アドバイザー
72881631
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
rf1035050がオンラインで質問受付中

新規採用の社員について。 正規雇用の前1ヶ月だけ時間給で雇用することになりました。 この方は、この1ヶ月間は

解決済みの質問:

新規採用の社員について。

正規雇用の前1ヶ月だけ時間給で雇用することになりました。
この方は、この1ヶ月間は所定労働時間の4分の3に満たない時間しか来てもらわない予定ですが、社会保険をつけてあげたいのです。
①何か方法はありませんか。
②また、「4分の3」という決まりは、どういう意図があって決められたものなのでしょう。
支給額に対する控除額の大きさが理由のひとつなのですか。

お詳しい方、お力をお貸しください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  rf1035050 返答済み 4 年 前.

はじめまして。

ご質問にお答えします。

説明の順番上、②から先に回答します。

②厚生年金の加入要件にて、定まっています。

一か月のうち、時間と日数がそれぞれ概ね3/4以上の場合は加入の義務があるということです。

この3/4というのは、あくまで目安ですが、パートやアルバイトといえども、正社員と比較して、3/4程度の勤務実態があれば、正社員と同じように考えるべきであるという考え方からです。

ただ、ここでは金額は関係ありません。

これは、働き方という名目ではなく、実質的な勤務実態で考えないと不公平だからです。

賃金の安い正社員は、当然ですが、厚生年金に加入する義務があります。

反対に、パートとして働いているが、フルタイムで働いている人の場合、正社員に近いくらいの給料をもらっている人もいます。この場合、働き方がパートだから、厚生年金の義務がないというのであれば、多くの女性は、パートでフルタイムで働く方を選ぶのではないでしょうか。

このように、実態が正社員に近い人は扶養からはずしておかないと、財政が持ちません。

このような回答でよろしかったでしょうか?

①3/4というのは、あくまで目安です。

検討する際も、概ね3/4という風になっていますので、”正社員として雇用することを前提とした試用期間”であることを伝えれば、加入できるかも知れません。(どの程度の勤務実態かにもよります。)

rf1035050をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問