JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rf1035050に今すぐ質問する
rf1035050
rf1035050, 1級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 30
経験:  保険・年金アドバイザー
72881631
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
rf1035050がオンラインで質問受付中

お世話様です。 この度、3年11ヶ月の駐在生活が終わり、2月末で帰国となりました。 しかし、以前1987年3月~1098年の11年間同じくこのドイツで駐在して居りましたので

質問者の質問

お世話様です。

この度、3年11ヶ月の駐在生活が終わり、2月末で帰国となりました。
しかし、以前1987年3月~1098年の11年間同じくこのドイツで駐在して居りましたので
通算15年のドイツ滞在となり、年金が貰える事になってます。

さて、帰国に際し、ドイツ年金庁に日本の住所や銀行口座情報等々その他、連絡または、
事務的に何か処理する必要が有りますでしょうか?

ご教示頂ければ幸いです。

黒岩
Bergisch Gladbach
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  rf1035050 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

ドイツ年金についてのご質問にお答えいたします。

 

手続きは、ドイツ大使館にて、原則ご本人が来館して行う必要があります。

必要書類は、証明用紙(生存証明用紙。ドイツの年金支払元から送付されたものを使用)とパスポートの2点になります。

受付時間内に来館し、証明は原則当日渡してもらえることになります。

質問者: 返答済み 4 年 前.

お世話様です。


 


質問内要を再度確認して頂ければ解りますが、 今、私は未だドイツに


滞在中です。


 


Pointは、私がこの滞在中に、私が得るべく年金支払いについて、


どうしたらドイツ年金庁との間で完璧に日本側の私の銀行口座に


入金出来る様に確証できるか・・・・・・と質問して居ります。


 


貴説明では、日本側で対応する為の文章と理解しました。


 


私自身、私がドイツに滞在する事でもっと確実にこの辺をクリアーに


する事で帰国したく、私自身が納得出来る方法をお尋ねしたいと思って


居ります。


 


以上

専門家:  rf1035050 返答済み 4 年 前.

大変失礼いたしました。

今月末に帰国のご予定なんですね。

申し訳ありませんでした。

 

まず、年金受け取りの申請ができる状態だと考えてよろしいでしょうか?

 

年金の手続きに関してですが、

・住所については、ドイツでの最終住所と外国(日本)の現住所を記載する欄があります。

 

受け取り口座は以下の口座で受け取りが可能です。申請書にそれぞれの記載欄があります。

・ドイツ国内の口座

・ヨーロッパ内の口座

・外国(ヨーロッパ以外)の口座←必要な事項は、金融機関の名称・所在地、口座番号、銀行個別番号

また、受け取り口座は本人以外の口座を指定することも可能です。

 

最後に、年金の受給が開始されると、毎年6月ごろにドイツの保険庁より生存証明書が送られてきますので、最寄りの大使館等で認証を受け、期日までに返送することが必要になります。(期日を遅れると支払いがされないとのことです)

住所に変更があれば、この申請書にて住所変更手続きも行うことができます。

 

これらの手続きに関して、日本ではドイツ大使館や日本年金機構が窓口となります。

質問者: 返答済み 4 年 前.


お世話様です。


 


最初に連絡いたしました様、ドイツ年金には1987年3月~2013年2月まで


加入しており、この全期間に保険金額払込済みです。


 


この状況下に置いて、現在の年齢が64歳3ヶ月(2月末現)で、献金受給


規定資格開始65歳での生年月日、11月08日まで9ヶ月を残す事に成ります。


 


当然、この2月末での年金支払い停止時点と65歳を迎えまでの年金支払い


時点では、毎月の年金額が変わって来ます。


 


この場合、過去4年間支払い続けた金額と同等額を私個人が直接ドイツ


年金庁に支払う事で、「65歳誕生月まで年金保険は支払った」と言う


タイトルを取得し、64歳3ヶ月と65歳時点での年金差額を埋めて、ドイツ


年金庁が表示している満額支給を得る事が可能でしょうか?


 


宜しく回答の程、お願いいたします。


 


以上

専門家:  rf1035050 返答済み 4 年 前.

帰国後、65歳までのドイツ年金についてご説明申し上げます。

 

ドイツ年金制度の加入期間(保険料を納付した期間に限ります)が5年以上ある日本人は、将来受けるドイツ年金の年金額を増額させることを目的として、日本に帰国後もドイツ年金制度に任意に加入することができます。

任意加入の申請は、本来は、ドイツの年金担当窓口に行うことになっていますが、日本の年金機構の窓口を経由して申請することも可能です。

 

 

 

また、65歳になってからですが、

ドイツの年金は、請求要件が満たされた(65歳になった)月の3ヶ月以内に請求をした場合、その要件が満たされた月分から支給が開始されます。
それより遅れて申請した場合は、申請した月から支給が開始されます。

 

年金の受け取り方法は

ドイツの年金は、毎月1回、支払いが行われます.
日本に在住している人は、以下の3通りの方法から選択して、ドイツの年金を受給することができます。

1.日本円による、日本国内の銀行口座への振込み
2.ユーロによる、ドイツ国内の銀行口座への振込み
3.ユーロ、米ドルまたは日本円の小切手による、日本の住所への郵送

 

ちなみに、任意加入期間の支払い金額等については、分かりかねますので、ドイツもしくは日本の年金機構の窓口でご確認をお願いいたします。

保険・年金 についての関連する質問