JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1076
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。
72162474
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

適切な回答ありがとうございます。 追加質問ですが、リウマチと診断される前に掛かっていた病院に問い合わせた所カルテは

解決済みの質問:

適切な回答ありがとうございます。
追加質問ですが、リウマチと診断される前に掛かっていた病院に問い合わせた所カルテは無かったのですが最後に通院した日がわかりました、電話での回答だったのですが、文書などで返答して貰った方が良いでしょうか?
また、廃院した病院の後通院した病院に廃院した病院からの紹介状がありました、開示をお願いしたのですが、廃院していて開示して良いかどうかの確認が取れないからとの理由で開示を拒否されました、開示してもらう方法はありますか?

遅い時間帯に申し訳ありません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

保険・年金カテゴリの担当の特定社会保険労務士です。追加質問ありがとうございます。

 

リウマチと診断される前にかかっていた病院へ文書を依頼するよりも、紹介状の開示を優先したほうが良いです(今後、リウマチと診断される前にかかっていた病院への依頼が必要となる可能性はあります)

 

紹介状には症状、治療歴、紹介するに至った理由などが書いてあるはずです。「当院に○○○○年○月頃から受診。○○のため○○での治療をすすめる」などと書いてあると、初診日の証明で有力な参考資料となるでしょう。

 

日本医師会は診療記録の開示について、「患者やその代理人が開示を要望したときには、原則としてこれに応じなければならない」として、次の場合は「開示を拒みうる」としています。

 

①本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合

②医療機関の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合

③開示することが他の法令に違反する場合

 

応じるのが原則です。開示を依頼した病院が①~③以外に「開示の了解が得られなかった場合」という規定を設けているのかもしれませんが、原則は開示ということを強く主張してみてください。

 

それに、例え別の規定を設けていたとしても廃院している場合に、開示の了解が得られないという理由を持ち出すのは、「応じるのが原則」ということからすると合理的な理由とはならない気がします。

 

開示を要求する訴訟も1つの方法ですが時間的に難しいかもしれません。

ekotaeをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問