JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1102
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。
72162474
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

年末にすみません。 リウマチによる障害者年金受給の申請をしたのですが、初診日が確定できないとの事で却下されました。

解決済みの質問:

年末にすみません。
リウマチによる障害者年金受給の申請をしたのですが、初診日が確定できないとの事で却下されました。
リウマチと認定された時の病院は廃院になっており当時の診断書などの入手は無理なのですが、全国健康保険協会に診療報酬明細書の開示を申請したいのですが、可能でしょうか?
時期は平成10年2月です。

また他に初診日を確定する方法などありますでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

こんばんは。保険・年金カテゴリの担当の特定社会保険労務士です。よろしくお願いいたします。

 

障害年金の申請にあたって初診日の証明ができないケースが多いです。

カルテの保存義務は5年なのに、10年20年以上前でも初診日の証明を求められるのは酷というものです。

 

貴方のように病院が廃院しているケースもあります。それでもとにかく初診日を求められますから申請人にとっては納得のいくものではないでしょう。

 

診療報酬明細書は5年以内ならば可能です。

 

初診日の証明はとにかく参考資料となるものを集めるしかありません。

参考資料でも初診日が確定できて、年金事務所に初診日を認めてもらえるときがあります。可能性としては低いですが認められるときもあるのです。とにかく集めてみてください。

 

参考資料となるものは以下のものがあります。

・母子手帳のコピー

・病院のパソコンに残っていた受診日の記録

・医師の氏名や診察科名および日付が入った診察券

・大学病院等で研究用に保存されていたマイクロフィルム等の資料

・身体障害者手帳や交付申請時の診断書の写し

・医療情報サマリー

・交通事故証明書

・労災事故証明や労災給付申請書類

・領収書

・処方箋

 

その他、考えられることとしては、廃院した病院の次に診てもらった病院のカルテをあたってみることです。

 

次の病院のカルテに前の病院でのことが書いてあることがあります。

 

頑張ってみてください。

 

ekotaeをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

保険・年金カテゴリの担当の特定社会保険労務士です。

 

その他、参考資料となるものとして「検査結果」もあります。

 

参考資料1つでは認められなくても、その他の資料や状況を合わせて認められることもあります。

 

当時、他の病院には通われていなかったのでしょうか。その病院のカルテをあってみるのも1つの方法です。

 

 

保険・年金 についての関連する質問