JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業・社会保険労務士
62487826
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

会社員、55歳男性6月生まれ。 来年3月に退職予定。退職金を確定給付企業年金とする事を考えています。 60歳の7

解決済みの質問:

会社員、55歳男性6月生まれ。
来年3月に退職予定。退職金を確定給付企業年金とする事を考えています。
60歳の7月から受け取る年金は10年確定で月額468,715円と試算されました。
他に所得が無い、と仮定すると所得税・地方税は年間どれ位になるでしょうか。
扶養家族は妻で専業主婦です。
ご回答よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  beallears-sr 返答済み 4 年 前.

 

まだ答えがついていないようですので、回答させて頂きます。

 

おそらく目安としてお知りになりたいのだと思いますので

現在書かれている最低限の条件のみをもとに

ざっくりとしたものを記載させていただきます。

(なお、将来の税率変更や制度変更までは予測できませんのでご了承ください)

 

まず、所得税を考える場合に何所得となるかが重要ですが

確定給付企業年金を老齢年金として受給する場合は

「公的年金等」に該当し「雑所得」として所得税・住民税が課せられます。

 

月額が468,715円とのことですから年で5,624,580円(=年金収入)

 

まずは所得税ですが・・・

5,624,580円×0.85=4,780,893円-785,000円=3,995,893円(=年金所得)

このような計算式となっておりますので

3,995,893円-配偶者控除38万円-基礎控除38万円=3,235,893円(課税所得金額)

3,235,000円(千円未満切捨て)×10%=323,500円-97,500円=226,000円

以上、226,000円が1年の所得税額と推測されます。

 

住民税(都民・区民税)は・・・

途中まで上記と同じで

3,995,893円-配偶者控除33万円-基礎控除33万円=3,335,893円(課税所得金額)

3,335,000円(千円未満切捨て)×10%=333,500円(所得割分)

333,500円+均等割分4,000円(固定金額)=337,500円

以上337,500円が1年間の住民税(都民・区民税)と推測されます。

 

以上ざっくりですが

少しでもご参考になれば幸いです。

 

beallears-srをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問