JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
佐藤 将志に今すぐ質問する
佐藤 将志
佐藤 将志, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 23
経験:  民間保険会社にて約10年の営業を経て、FPの資格を取得し独立。
67536979
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
佐藤 将志がオンラインで質問受付中

今現在、精神安定剤と睡眠薬を服用しています。また先日婦人科で子宮内膜症と診断されました。婦人科は緊急で手術の必要はな

質問者の質問

今現在、精神安定剤と睡眠薬を服用しています。また先日婦人科で子宮内膜症と診断されました。婦人科は緊急で手術の必要はないといわれましたが、不安なのでセカンドオピニオンを検討しています。
今の状態で生命保険に加入できるのでしょうか?正直お金があまりないので心配です。県民共済には加入していますがプラスアルファを考えています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  佐藤 将志 返答済み 5 年 前.
お世話になります。

ご質問の件、記載内容から判断できる範囲で回答させていただきます。

前提条件として、生命保険の種類を、①死亡保障、②医療保障、③がん保障の
3 つとした場合で回答させていただきます。


まず、精神安定剤と睡眠薬を服用とのことですが、
それぞれの薬について、服用している理由によって、
加入の可否が変わってきます。

例えば、不眠症と診断されている上で、睡眠薬を服用している場合だと
何の薬を、どのくらいの頻度で、いつから、といった条件を総合的に
考慮して、①、②は個別判断、③は可といった目安です。

精神安定剤の方は、病名が診断されている場合は、
①は全治後3年以上経過後可、②は不可、③は個別判断、といった目安です。


子宮内膜症については、現症があっても、
①は可、②は部位不担保、③は可といった目安です

ファーストオピニオンでは手術の必要はないとのことですので、
今後の治療方針、内容などを生命保険会社へ告知することが大切です。


以上です。
佐藤 将志をはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  佐藤 将志 返答済み 5 年 前.
重々承知かとは思いましたが、補足させていただきます。

子宮内膜症についてセカンドオピニオンも検討されているとのことでしたので、
現在インターネットで検索しますと、様々な情報が入手可能です。

例えば下記HPなどもご参考になるのではと思いましたので、紹介させていただきます。

子宮内膜症
http://www.mochid a.co.jp/naimakusho/index.html

また地域の総合病院等ではすでにセカンドオピニオン外来を設置している
ところもありますので、そちらも併せて調べてみてはいかがでしょう?



保険加入について、②医療保障については、
現在多くの会社が【引受緩和型】商品を販売しております。

最近3ヶ月以内に医師により入院・手術をすすめられたことがあるか?
など、3~4問の簡単な告知で加入ができるタイプのものもありますので、
必要であればそちらを検討する余地があるかと思います。

ただし、どの会社も緩和型は通常のものより割高だったり条件が悪かったり
しますので、その辺は必要性と保険料負担の兼ね合いを考慮してとなるかと
思います。


以上、補足とさせていただきます。

保険・年金 についての関連する質問