JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業・社会保険労務士
62487826
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

去年、国家公務員共済年金を受給していた父がなくなり、 母が遺族年金を受給していましたが、その母も先月80歳で亡くなりました。 この場合、年金の受給権は消滅してしまうのですか?

解決済みの質問:

去年、国家公務員共済年金を受給していた父がなくなり、
母が遺族年金を受給していましたが、その母も先月80歳で亡くなりました。
この場合、年金の受給権は消滅してしまうのですか?
子に転給されると言う話も聞きますが、どうなんでしょうか
遺族年金受給者が死亡した場合のことは、調べても答えが見つかりません。
教えて下さい、お願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  beallears-sr 返答済み 4 年 前.

まだ答えがついていないようですので

回答させて頂きます。

 

国家公務員共済の遺族共済年金には転給制度というものがあり

1、配偶者および子 2、父母 3、孫 4、祖父母 の受給順位の順で

受給権者がいなくなるまで受給権が移っていきます。

 

ですので、国家公務員であったお父様がお亡くなりになられてから

まずお母様が受給、お母様がお亡くなりになられたら子

その後、父母がいなければ孫というように受給権が移っていきます。

なお、同順位者が2人以上いる場合には等分した金額がそれぞれに支給されます。

 

ちなみに、この転給制度は

労災の遺族年金や国家公務員・地方公務員の遺族共済年金に限られた

特別な制度でありまして、通常のサラリーマンの遺族厚生年金や遺族基礎年金、

一部共済組合の遺族共済年金には無い制度となっています。

 

以上、ご参考になれば幸いでございます。

 

beallears-srをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問