JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業・社会保険労務士
62487826
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

遺族厚生年金受給者の妻が65歳時に老齢基礎年金の受給資格を満たさない(25年の保険料納付済期間に満たない)。経過的寡

質問者の質問

遺族厚生年金受給者の妻が65歳時に老齢基礎年金の受給資格を満たさない(25年の保険料納付済期間に満たない)。経過的寡婦加算の転給先である基礎年金を受けられない場合、それまで受けられた遺族厚生年金の寡婦加算部分はどうなりますか?
転給先がないのでその分減額になりますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

まだ答えが付いていないようでしたので

回答させて頂きます。

 

これまでの質問者様の遺族厚生年金には65歳まで

中高齢寡婦加算というものが加算されていたと思いますが

65歳以降はこの中高齢化寡婦加算が経過的寡婦加算という名前に変わったうえで

金額が変更(残念ながら減額になります。)となって加算されていくことになります。

金額は 生年月日によって異なりますが

質問者様は昭和25年のお生まれかと思いますので

昭和25年4月2日~26年4月1日までのお生まれなら年額118,400円

昭和24年4月2日~25年4月1日までのお生まれなら年額138,100円

の加算となります。(2012年金額)

 

これは基礎年金と無関係に、いままでの遺族厚生年金に加算されていた

中高齢寡婦加算が経過的寡婦加算に名前と金額が変わるものです。

ちなみに、この加算自体、昭和61年4月1日の時点で30歳以上の年齢であった

昭和31年4月1日以前生まれの方の特権です。

 

以上、少しでもご参考になれば幸いでございます。

 

 

保険・年金 についての関連する質問