JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1537
経験:  大学卒業後、地方銀行11年、大手建機メーカー本社経理部2年勤務。現在は社会保険労務士事務所代表。
66125890
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

障害年金を申請したいと思っている40歳男性です。 平成18年末に受診した一番最初の受診病院が本日確認したところ廃業

解決済みの質問:

障害年金を申請したいと思っている40歳男性です。
平成18年末に受診した一番最初の受診病院が本日確認したところ廃業しておりました。
6年も前なので診察券等通院していたことを証明するものは処分してしまい何もありません。よって初診日が特定できず悩んでいます。
19年10月15日にセカンドオピニオンで転院した病院のドクターに年金機構提出用の受診状況等証明書を書いてもらいましたが、年金事務所ではそれではだめといわれました。
廃業した病院のカルテ等はどのように追跡すればよいでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。社会保険担当の社会保険労務士です。

 

お世話になります。よろしくお願いいたします。

 

廃業した病院のカルテを追跡するのは事実上不可能だと思われます。6年前の出来事との事ですので、廃業した医師をたとえ発見したとしてもカルテの保存はもうされていない可能性が極めて高いです。

 

このような場合のために、受診状況等証明書の提出をするのですが、年金事務所がだめといっているのは何の事についてでしょうか?

 

初診の医師からセカンドオピニオンの医師に紹介状などが発行されていれば、その紹介状から初診日が判明する事もありますが、そのような証拠がない以上はセカンドオピニオンの医師にかかった初診日とするほかありません。(本来の初診日を確定する証拠が存在しないからです)

それでも年金事務所が「それではだめ」と言っているのでしょうか?

それであれば何を用意すればよいのか、年金事務所の担当者にお尋ねいただけたらと存じます。内容に不備があるのであればともかく、受信状況等証明書を提出したにもかかわらず「だめ」と言うのではご相談者様も困ってしまいます。

 

受診状況等証明書の提出によって、セカンドオピニオンの初診日で認定されないのか、今一度、年金事務所の担当者にご確認いただけたらと存じます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。


年金事務所は、セカンドオピニオンの医師が記載した受診状況等証明書に一番最初にかかった病院(廃業)から転院の旨を記載していることに着目。


だから、あくまでも初診日は廃業された病院にしなければならないといけないとのことでした。


 


その際に、受診等証明書を書いてくれた病院が初診日ではだめでしょうかとお話ししましたが、国保・厚生の問題もあり条件が良いほうにする人もいるので、都合よく初診日を変えることはできないと突っ張られました。


ただ、診察券も紹介状もないので初診日特定は困難で、申請自体書式が整わないので厳しいということです。


 


もう、申請自体は不可能なのでしょうか?

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

 

初診の病院が廃業していることは年金事務所の担当者にはお伝えになられましたか?先に回答申し上げました通り、かかったのが6年前でしかも現在は廃業してしまっている病院のカルテを追跡するのは事実上不可能です。探偵会社に依頼して、その当時の医師がたとえ見つかったとしてもカルテを保存している保証はありません。

 

初診病院が廃業になっていてどうにもならないが、この場合はどうすればいいのですか?と年金事務所の担当者にお尋ねください。

 

「国保・厚生の問題もあり条件が良いほうにする人もいるので、都合よく初診日を変えることはできない」と言われても、ご相談者様が都合を良くするためにその病院を潰したわけではないでしょう。

 

「もう、申請自体は不可能なのでしょうか?」とのご相談ですが、年金事務所が受け付けてくれないのであれば、最後の可能性として社会保険審査官への審査請求があります。

年金事務所の処分(決定)に不服がある場合に不服申し立てをする機関です。ここに不服を申し立てて決定を待つ、という方法です。

もし年金事務所がどうしても受け付けてくれず納得がいかない、ということであれば社会保険審査官に不服申し立てを行ってください。

埼玉県の社会保険審査官のホームページのURLを以下に添付させていただきます。

http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/gyomu/bu_ka/shakai_shinsa/index.html

sr_hossyをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問