JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 1537
経験:  大学卒業後、地方銀行11年、大手建機メーカー本社経理部2年勤務。現在は社会保険労務士事務所代表。
66125890
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

年金未納についての質問です。 私は今年53歳になりますが、年金未納で過ごしてきてしまいました。払ったのは22歳から

解決済みの質問:

年金未納についての質問です。
私は今年53歳になりますが、年金未納で過ごしてきてしまいました。払ったのは22歳から24歳にかけての2年分だけです。今になって反省し年金を払いたいのですが、この年齢からでも何とかなるのでしょうか。10年さかのぼってとか、70歳まで払えるとか、いろんな制度があるようですが、難しくて理解しきれません。残り23年分を今から払い始めて大丈夫なのか、もう無理なのか、その辺りのお答えを頂きたいと思っております。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。社会保険担当の社会保険労務士です。

 

まずご相談者様は最大で70歳まで国民年金を納めることができます。

通常は納付は60歳まで。

60歳~65歳・・・・任意加入被保険者として納付可能。

65歳~70歳・・・・特例による任意加入被保険者として納付可能。

 

そしてご相談者様がおっしゃっておられる過去10年分をさかのぼって納付できる年金確保支援法が成立しており、今月より3年間の期間中であれば、過去10年分を納付できます。

以上、これだけで納付済み(2年)+過去分納付(10年)+今後70歳までの納付(17年)=29年の納付期間となり、受給権が発生します。

 

 

これ以外の話として、先月国会で可決した社会保障と税の一体改革法案の中で、消費税の増税が盛り込まれておりましたが、これには景気弾力条項というものがあり、消費税を上げる直前期に一定の経済成長の数字が見られなかったら、消費税増税は行わない、という取り決めがあります。

その取り決めの中の一つに、消費税を上げた場合には年金納付25年という数字を、年金納付10年で受給できるようにする、という内容が含まれております。つまり消費税が上がるのは困るけど、年金を受給する、という立場から考えると、消費税が上がってくれれば、年金保険料10年納付で年金が受け取れるようになる、という事です。

この点もご参考にしていただけたらと存じます。

今から(過去分10年の納付も含めて)納付して将来ご相談者様が年金を受給できる状況にあります。

sr_hossyをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問