JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業・社会保険労務士
62487826
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

来年61歳で44年間年金をかけ年金特例の権利がつくのですが、会社をやめてバイトをしたいが、労働時間、収入規制はあるの

解決済みの質問:

来年61歳で44年間年金をかけ年金特例の権利がつくのですが、会社をやめてバイトをしたいが、労働時間、収入規制はあるのですか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

回答させていただきます。

 

厚生年金が調整されることを在職老齢年金と言いますが
この調整を受けるのは、厚生年金に加入しながら厚生年金を受ける場合に限られます。
ですので、社会保険(厚生年金)に入らなくて良い

アルバイト・パートさんや自営の方がいくら金額を稼いでも

調整されることはありませんのでご安心ください。
ですので、質問者様のおっしゃるように、厚生年金がかかる社員としてよりも

アルバイト、パートにしてもらうのが一番の得策です。

 

なお、アルバイト・パートでも月の出勤日数が社員の3/4以上、1日かもしくは1週の

所定労働時間(残業以外の通常の契約時間ということ)が社員の3/4以上となれば

年金事務所(行政)から「社員と同等だから厚生年金に入りなさい」と強制されて

しまうので、時間の働き過ぎには注意が必要です。

 

以上、ご参考になれば幸いでございます。

beallears-srをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問