JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業・社会保険労務士
62487826
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

親・兄弟・配偶者のいない私の生命保険の代理人請求や死亡保険金の受取人はどうしたら良いでしょうか

質問者の質問

親・兄弟・配偶者のいない私の生命保険の代理人請求や死亡保険金の受取人はどうしたら良いでしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

回答させて頂きます。

 

まず、保険金を受け取るのは契約上で受取人となっている方ですので

例えば、質問者さまが契約時にお母様などを受取人にしているならば

お母様が受取人となり、お母様がなくなっている場合には

お母様の法定相続人は誰か?という問題になります。

 

法定相続人は ご存知のとおり

子・直系尊属(父母、祖父母、曾祖父母)・兄弟姉妹です。

 

このような法定相続人の有無が不明の場合、相続財産はそれ自体が法人とされ、家庭裁判所で相続財産管理人によってその管理が開始されます。

相続財産管理人が、相続人を捜索するとともに、相続財産の管理にあたることになりますが相続する方がみつからなければ国の財産となります。

もし、相続人ではないが、生前特別な関係にあって療養看護などされた方は、弁護士さん等に相談して特別縁故者として相続をするための請求を家庭裁判所に行う場合もあるようです。

 

なお、保険契約における代理人請求の制度を利用する場合

身寄りがない方の場合は、いざという時に備えて

弁護士さんや司法書士さん等の法律家の方を

「任意の成年後見人」として指定しておく方が

最近は増えています。身寄りのない方がもし認知症となってしまったらなどの

問題などもありますので、法律家の方がお仕事として

任意の成年後見人を引き受けるケースは増えているようです。

 

以上、少し長くなりましたが

ご参考となれば幸いです。

 

 

beallears-srをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。もう一つ質問させていだだいてよろしいでしょうか。私には30年来の友人がおり、家族ぐるみで付き合っています。友人の子が将来私に何かあった場合に面倒をみてくれる事になっているのですが、戸籍上は全くの他人です。その子を受取人又は、代理請求人にすることは不可能でしょうか

専門家:  beallears-sr 返答済み 5 年 前.

引き続き回答させていただきます。

 

代理請求人は保険会社へ確認することになりますが

通常は、配偶者・直系血族・兄弟姉妹・生計を一にしている3親等いない親族に限られているため難しいでしょう。

しかし、そのような場合のために前述した任意の成年後見制度があるので

この制度の手続きをされて任意後見人としてその方を指定しておけば

保険会社の代理請求人指定制度を利用しなくとも代理請求は可能です。

(ただし、成年後見の手続きをするのは大変ですから、通常は弁護士・司法書士等の

専門家に相談し、総合的な判断の元で成年後見人を選び手続きするのが妥当です)

 

受取人は保険会社に手続きすれば、いつでも変更が可能です。

しかし、誰が受取人になれるかは、保険会社によって違うので、これも保険会社に

確認です。

通常は親族ですが、事情がある場合には親族以外の彼氏や彼女、友人を

受け取り人として認めている保険会社も多いです。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

 

 

 

保険・年金 についての関連する質問