JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
beallears-srに今すぐ質問する
beallears-sr
beallears-sr, 2級ファイナンシャル・プランナー
カテゴリ: 保険・年金
満足したユーザー: 146
経験:  法学部卒業・社会保険労務士
62487826
ここに 保険・年金 に関する質問を入力してください。
beallears-srがオンラインで質問受付中

個人事業主をやっています。当初国民年金と国民健康保険に加入していましたが、知り合いの会社の依頼でその会社に籍を置くこ

解決済みの質問:

個人事業主をやっています。当初国民年金と国民健康保険に加入していましたが、知り合いの会社の依頼でその会社に籍を置くことになりました。今、この会社の社会保険に加入していますが、出勤するのは数日で、給与がわずかなため納める保険料も少なくなりました。ただし、収入は個人事業からのものが主体となっています。
社会保険に入っていていいのか、確定申告で調整するのか、おたずねします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 保険・年金
専門家:  beallears-sr 返答済み 4 年 前.

回答させて頂きます。

 

年金は、大まかに分けると

国民年金(個人事業主やフリーターの方など)厚生年金(サラリーマンや会社役員の方など)共済組合(公務員や学校職員など)のどれかしかありません。

そして、健康保険も

健康保険(サラリーマンや会社役員など)と国民健康保険(個人事業主やフリーターの方など)と共済組合(公務員や学校職員など)しかありません。

 

以上のうちどれか一つに入ることになります。

 

社会保険(年金と健康保険)は税と違い収入に応じて払うわけではないので

(給料額で社会保険料の等級は決まりますが)

例えばサラリーマンが週末だけ個人事業主として起業して収入を得ても

これまでと同じように、会社の厚生年金と健康保険を給料から天引きされるだけです。

 

質問者様はもともとが個人事業主様でしょうから、この例と逆で個人事業主の収入が

ほとんどで知人会社からの収入が少ない(知人会社からのほうが例で言う週末起業分位

なのでしょうと推測致します)のでしょうが理屈は同じです。

 

以前、国民年金・国民健康保険であったものが

知人の会社に籍を置くことで厚生年金・健康保険の加入条件を満たし

知人が正当な加入手続きを経て現在に至り

厚生年金と健康保険に切り替わったのでしょうから

そのまま加入でよろしいのですよ。(社会保険に加入したいからと知人会社からの

収入や勤務日数・時間数を虚偽に記載して加入条件を満たしているなど悪いことを

しているのなら別ですが、そうでなければ問題なしです)

 

知人の会社から籍が抜ける時に資格喪失して

また国民年金と国民健康保険に戻るのです。

特に調整はいりません。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

beallears-srをはじめその他名の保険・年金カテゴリの専門家が質問受付中

保険・年金 についての関連する質問